暮らしの食性活大辞典 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新潟県見附市 『か久まや食堂』

CIMG6156.jpg

破れてボロボロのひさしの外観 店内の畳は剥がれて変色
そして真っ暗な店内。
経年変化そのまま猪突邁進の、いにしえ食堂好きでも躊躇しそうな「
この私でも店内には行った途端「凄い所に来たな」と思ってしまう。

CIMG6154.jpg


壁に書かれたメニューから写真付きのチャンポンに興味を惹かれるが
初心星一徹 食堂界の消える魔球の様なラーメンを求めて
青いポロシャツのお父さんに「ラーメン」と告げる。

ラーメン  550円

CIMG6158.jpg



程ほどの時間5分43秒で着丼。

「海苔のジュ―タン 見附た」 そう、ここは見附市。
見附界隈では、一部小須戸でも見かけるスタイル。

コンパクトな中華そばのスタイルは見た目的に良好。

スープを一口頂いてみる。
いや、一口と言わず自分が頼んだラーメンだから遠慮はいらない。
全体に支配するのはやはりコショー。
戦後の食糧難に余った食材で作り始まったと言われる
中華そばの臭みを消すためにコショーが入れられたと聞くが
まさにその味を継承するような感じがした。

チャーシューの煮汁がベースで動物や煮干し系の出汁の利かせ方は
やや弱い感じだが、あっさりでは無く芯はしっかりしている。
それが証拠にチャーシューにはこだわりが感じられ
良い味が染みついた愛しいチャーシューが幅を利かす。

麺は細い縮れの中華麺で、かなり柔らかく茹でてあるというか
弱い感じの麺で食感の楽しみが希薄。

具材はご覧のとおりメンマレスでシンブル 逆にそれが良い。

このラーメン もう少し動物の出汁を利かせ味を濃くして
ニューウェイヴな細い小麦感むき出しの 小麦色の肌に
大きなおっぱいがビキニから剥き出しの 郁恵~奈保子路線に通じる
食堂のヒロインに大化けする可能性大。
♪ チャンスチャンス きっと成れる ♪

食べ終えてネットで森田検索していたら性旬の巨匠 ひげ兄さんが
召し上がっていて似たり焼いたりしたような同じような感想を書かれていた。
兄さんの時にはメンマは入っていたようだが消滅したのか
忘れたのかは不明。

お父さんのラーメンへの情熱がまた熱く煮えたぎる
情熱の嵐が吹き荒れることを祈ります。

ご馳走様でした。

研究資料 http://blog.goo.ne.jp/iroiroimp/e/8c47d4cf6505571fd244824ceca1a2ad

見附市南本町2-18-8
電話 0258-62-1714
スポンサーサイト
  1. 2015/06/19(金) 06:00:00|
  2. 見附市のラーメン・食堂
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

見附市 『味のふじさわ』


 


この夜は「ひげ兄さん」「さんぺい」さんと3人で見附市今町の「味のふじさわ」さんへ。


この夜の詳細はひげ兄さんの記事に詳しく、さんぺいさんの天然ブリを


余すところなく書かれているのでご覧になってください。


兄さんの会社に着くと、お二人は長岡の「せと」さんに行く気満々。


私が「今日は定休日かもしれないですよ」と言うと兄さんが


「いいこて、行けば解る。行ってやってなかったらそれはそれでおもしぇって」


これって私生活でも、仕事でも活かされる行動指針だとハッと気づく。


この夜を思い出深い一夜にするかの如く「せと」さん『臨時休業』


と言う事で第2候補、3人大好きな「ふじさわ」さん。



メニューは値上げ無し。


 


忘れられたカツ丼  750円




並々と入った美味しい味噌汁が良い。


正統派食堂の蓋つきカツ丼。


卵はやや固め 味は甘しょっぱい つゆだくの純朴な味のカツ丼。


肉は薄めだけど、衣と肉にも味が染み、個人的には好きな味。


ちょっと野暮ったい後味が残るがそれも「味のふじさわ」スタイルのカツ丼。



兄さんとさんぺいさん もう少しで私もたべるところだった「チャーシューメン 650円」


私も頂いたばかりだけど、「これぞ」「決定版」というべき


チャーシューメンの由緒正しきスタイル。


650円でこれだけの内容とは恐れ入る。


 


食べ終わり、兄さんの会社に戻りコーヒーを飲みながらしばし雑談タイム。


兄さんはこの一週間が仕事の山場と言う事で


私が言うのもなんだけど「仕事頑張ってください」と挨拶してさんぺいさんと会社を後に。


「まささん また一緒に、おおみや食堂行こうね」


「さんぺいさんと、おおみや行った事無いですよ」


「またまた とぼけて あれ おおみや? ああ 宮村食堂だった」


「宮村食堂? いや知らないですよ」


「またまた 冗談を どうしてそんなとぼける? この前も3人で行ったじゃん」


 「もしかしたら、宮川さん?」


「ああ 宮川さんだったっけ 今度また行こうね」


いやはや さんぺいさんの天然出汁  この夜も利いてました。


ああ お腹痛い 兄さん さんぺいさん ありがとうございました。


 

  1. 2014/04/08(火) 22:00:00|
  2. 見附市のラーメン・食堂
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13

見附市 『橋本屋飲食店』

 



「ニボクラ会」の基本理念、煮干しが利いたクラシカルな中華そばをこよなく愛する人たち集い。
450円以下の店なら尚良し。


円安で輸出が伸びず輸入が増える中の消費税増税。
駆け込み需要後の替え控え アベノミクスは一部の人が恩恵を受け
東日本大震災の避難者が未だ13万6千人。
これからの日本は確実に格差社会になる恐れ。450円以下のお店は絶滅するのでは?



その中で、ニボクラ諸先輩 ひげ兄さん さんぺいさん ベルーガさんが
訪れ大絶賛されていた「橋本屋」さん。


世の中「上手い話には裏がある」と言いますが、この方たちの「旨い話には偽りなし」




お店に入ると、品の良い律義で丁重なお父さんが「いらっしゃいませ
今暖めたばかりで寒いですがどうぞ」と迎えてくださいました。


この時点で「豚ガラ 鶏ガラ」よりも重要な味のマックスファクターとなる「人柄」が
ファンデーション厚塗りで無く、素の心からの歓迎を私の敏感な心が察知し
「間違いない」と確信しました。



メニューは簡素な構成。「すみません」と声をかけると今度は明るく品の良い奥様が
現れ「チャーシューメンと今日は餃子ありますか?」と尋ねると「ありますよ」



待つ間、食欲の前に性欲を満たそうと思っても既に性欲は漲らず
食欲の勃起が著しく拡張。何か解らない興奮の坩堝。先走り汁が溢れるを必死にこらえる。
こんなにお店で興奮したの久しぶり。
コマチのラーメン特集をパラパラとページをめくりながら複雑な気持ちに。



お父さんが「お待たせいたしました」と運んでくださったラーメンと餃子。


デジカメのシャッターボタンを押す手が興奮で震える。
「出来る限り美味しそうに撮影したい」 そんな気持ちが心の底から湧き上がる。


人間だから「肩入れ」「贔屓」 私のブログがどこまで影響があるか解らないけど
他にお客のない店内をお客さんで満席にしたい、応援したい。
そんな気持ちが熱々のスープ以上に沸き立つ。




 


まさに「ニボクラシック」 古風な解釈の元 『古 いにしえ』では片づけられられない深み。
その深みに既に片足から舌の先まで浸かってしまうような、それは躍動感ではなく
どっしり構えた安心感 深い とにかく言葉にならない 表せない深み。



チャーシューも良い味の、食人をどつくような旨味を突いた仕上がり。


麺はやや茶色かかった食感良い、こちらは躍動感をダイレクトに感じる仕上がり。


海苔にコショー このコショーがスープ全体の「味の元締め」的 私的には不要と思えるが
こちらも店主の何か知らぬ「おもいやり」的配慮か謙遜か?



餃子はお店では殆ど注文しない。理由は品質と価格設定でお店の思惑を感じ取ってしまうから。
250円が信じられない、キャベツ、生姜、゜ニンニクの餡が ♪ アン 餡 アン ♪
増税後「思い切って350円に値上げしませんか?」と増税対策コンサルタント的にアドバイスさせてほしいような
信じられない価格設定 歓喜の涙が溢れそうな位美味しさの連鎖。


食べ終わり「良いお店だな」と余韻に浸りながら、深呼吸して「ご馳走様でした」と声をかけると
お父さんがお釣りのお金を床に落とし、私が拾うとすると「触れないでください」と
「いいえ いいんですよ」と拾い受け取ると「申し訳ありません」


諸先輩が絶賛する理由が集約されていた。ラーメンも美味しいけど
根底と成す物が「人柄」の天然調味料だ。 即ち紛い物  騙し 駆け引き 姑息一切なし。
声を大にして言いたい「橋本屋さん 美味しかった 味も人柄も」



食べながら第一回のニボクラ会の思い出に思いを馳せ



人の縁は大切にしないと罰が当たる まさに「ニボクラ」を心で噛みしめ、
心を新たに、気持ちは前向きに正直に この夜のラーメンと餃子 人の優しさ 温もりで
写真が少し曇ってしまいました お許しください。
このような隠れた良いお店、教えて頂きありがとうございます。


ご馳走様でした。


 


因みに、見附の祖父の実家は150年続く書道の筆屋さん「宝翰堂」と初めて母から聞いたが


即に廃業されたようで残念。


 








ソチオリンピック 新潟県勢 表舞台も、その選手を支える裏方も
まさに光り輝いた記念に残る特別な冬季オリンピック。



リッチー・ブラックモア ディープ・パープルとレインボー
どっちがより輝いていたのか?


 Rainbow - Man on the Silver Mountain


  1. 2014/03/01(土) 22:00:00|
  2. 見附市のラーメン・食堂
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:22

見附市 『味のふじさわ』

 



2011年6月某日。


 


「スーパーマルイ」の裏側にある食堂「味のふじさわ」さんへ。


母親の実家の近くにお店があります。


優しいそうで可愛いお父さんと、もう水前寺清子さんにそっくりの

元気溌剌の奥さんがとても好印象です。

愛想の良さは天下一品です。


 ラーメン  550円



 碧空麺舗のラーメンより、食堂の「これぞ昔ながらのラーメン」と言うやつに

琴線が触れる私であります。この、鶉の卵、しかもハーフですよ。

もう、エバ マリア ルナ ユミもびっくりのゴールデン・ハーフですよ。


勿論「 碧空麺舗』のラーメンも美味しいですが。

若い人には意味解らないよね 

チャーシューも大・中・小 取り揃えてお持ち申し上げておりました的ルックス 激旨い。

他は、メンマ かまぼこ ネギ 海苔が一枚。シンプルだけど、これがいいんだよね。


スープは醤油ベースに生姜 鰹系のダシが利いている。

個人的にはもっと生姜が利いていて、味はもっとしょっぱくても良いな。



 麺は結構太くて、ゆで方も丁度良い硬さ。細い縮れじゃないく、この選択は素晴らしいな。


やっぱり、もう少し濃い目を希望します。


オーソドックスで、派手さは無いから、今の若い人は好まないかもしれないけど

安いし盛りも良い 何より心も体も温かくなる美味しいラーメンです。


 


2014年2月某日



この「キリンレモン」のネオン 年代ものですね。
昔、BSNで夜の6時40分位にキリンレモン提供の天気予報があったと記憶しています。


そんな訳で先週の某日、仕事帰りに 


見附市の「味のふじさわ」さん、約3年ぶりの訪問。

本当はこの夜、「ごん助」さん狙いでしたが、終了していました。
夜は19時で閉店なんですね。残念。


 


先ずは小さい頃本当にお世話になり、優しくしてくれた伯父、祖父祖母の仏壇がある
本家の前で感謝のご祈念をし、お店に向かいました。
今度ゆっくり伺いたいと思います。


 


 




 


水前寺清子風の元気なお母さんと、朗らかなお父さんが迎えてくれます。変わってません。



最初、味噌ラーメンをお願いしましたが、やはり生姜醤油風の中華そばが恋しくなり
奮発して「チャーシューメン」に変更をお願いしました。勿論嫌な顔は一切しないです。


 


チャーシューメン  650円



以前と変わったのか?私の記憶違いか?濃厚生姜醤油のスープと思っていましたが


チャーシューの煮汁でベースを構築したうな本当に味わい深い濃厚煮汁スープでした。


生姜の風味は感じられないのは6枚のチャーシューが織りなす、ラーメン中華寛ぎの世界かしら?



前面を覆うロースー・トレイシーな君にバラバラ&ビラビラ無しのチャーシュー。


引き立て役の煮干しが「ニボクラ」って、クラシック&クラクラしそうな美味しさのWクラ。
Wスープ全盛時代 そこにずっと変わらず愛された技法が濃縮されたような深い味わい。


麺は小麦チックで、やや柔らかい「フニクリ・フニクラ」のようにフニャとした
食感の優しい麺 「これは! これで旨い」一人納得の今町の夜。


♪ 行こう 行こう フジサワへ ♪


基本の550円のラーメンでもチャーシューが3枚で、「鶉の卵」付ですが
こちらは鶉なし やや残念。
6枚のチャーシューをめくると、トランプカードの様にメンマ、海苔など
美味しい具材が「こんにちは」と現れるのも御愛嬌。


やはり「味の」の看板に偽りなし。


お父さん、娘さんが遊びに来るようで終始鼻歌を歌いながらご機嫌。


久しぶりに(笑)本当に美味しいラーメンを食べた満足感と先祖や親戚に感謝の気持ちを
新たにし、見附を後にし家路に向かいました。


ご馳走様でした。


 






 



 






 

  1. 2014/02/22(土) 15:00:00|
  2. 見附市のラーメン・食堂
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

見附市 『らーめん天山』


レッド・シェッペリンの未発表曲をあつめたこのLPは
中学3年生の冬休みに発売された。
ディープ・パープルがメンバー間の確執などでメンバーチェンジを
繰り返したのに対し、ツェッペリンは不動の4人。
80年にドラムのジョン・ボーナームが亡くなって解散した。
湯川れい子さんが語っていたが、突然殴り合いの大喧嘩をしたと思ったら
急に笑いながら抱き合ったりと、とにかく仲の良い4人だったそうだ。
We're Gonna Grooveはベン・E・キングのカバー曲で
1969年のロイヤル・アルバート・ホールでのリハーサル音源が収録されていたが
今回は本編の映像と音源でお楽しみ頂きたい。
たった4人の演奏でこれだけの無駄のない、グルーブ感溢れる
演奏は、やはりメンバー間の信頼感から繰り出されているのだと再確認。


時代がビートルズからツェッペリンに変わった年が69年だった。


 We're Gonna Grove - Led Zeppelin



 


 


 


 





 


 見附市 らあめん天山



塩野菜ラーメン 750円


 


年末の30日、ラーメン食べ収めに伺った「らあめん天山」


気が利かない店員さん達のせいでトラブル発生。


お客の私が気を廻して何とか沈静化したが有り得ない応対。


ボリューム満点が恨めしい位の温すぎるスープ。


女性店員が茹でた麺は伸び気味で、恋い焦がれたクロレラ麺の良さが解らない。


それでもドンドンお客さんが入ってくる。


半分見附の血が流れている自分としては残念というか腹立たしさえ覚えたお店だった。


 

  1. 2014/01/02(木) 21:00:00|
  2. 見附市のラーメン・食堂
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16
次のページ

最新記事

最新コメント コメントは励みになります

月別アーカイブ

カテゴリ

三条市の食堂・ラーメン (1)
過去記事 (1410)
オフ会日記 (7)
三条市の食堂 ラーメン (66)
カツ丼 (27)
THE BEATLES (4)
SWEETS PARADISE (3)
日本映画 (4)
パン (4)
新潟市のラーメン・食堂 (75)
日々雑感 (26)
新潟のレストラン (11)
旅行 (1)
飲食チェーン店 (14)
うどん (10)
読書 (2)
燕市の食堂・ラーメン (8)
長岡市のラーメン (17)
喫茶・カフェ (15)
デューク・エイセス (14)
おにぎり (1)
オーディオ (14)
見附市のラーメン・食堂 (6)
加茂市のラーメン・食堂 (3)
車 (1)
寿司 (6)
新潟のレストラン 飲食店 (144)
食性活通信 (1)
石川県のラーメン (33)
富山県のラーメン (25)
金沢市の飲食店 (24)
石川県の飲食店 (13)
富山県の飲食店 (17)
福井県の飲食店 (2)
大阪市の飲食店 (2)
新潟県妙高市のラーメン (3)
新潟県上越市のラーメン (12)
新潟県糸魚川市のラーメン (6)
福岡県のラーメン (1)
高速道路 SA (1)
音楽・レコード・CD (1)
チャーハン・焼飯 (8)
オムライス (0)
滋賀県のラーメン (2)
京都府のラーメン (2)
新潟県柏崎市のラーメン・食堂 (2)
神奈川県の飲食店 (0)
東京都のラーメン (2)
新潟県十日町市の飲食店 (6)
鰻・うなぎ (3)
新潟県阿賀野市のラーメン (1)
新潟県村上市のラーメン・食堂 (2)
新潟県小千谷のラーメン (1)
新潟人情食堂 (1)
新潟県胎内市の食堂・ラーメン (3)
新潟県五泉市の食堂・ラーメン (2)
そば・うどん (0)
コインスナック (1)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
グルメ
215位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
B級グルメ
37位
アクセスランキングを見る>>

お友達のリンクコーナー

アクセス状況 PCのみ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。