暮らしの食性活大辞典 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「永六輔の日本の芸人第五回 デュークエイセス 四五年のスタンダード」

$月影の宵/IN THE EVENING BY THE MOONLIGHT




大変お待たせいたしました。今回が最終回となります。





谷 「とにかく、45年続けてこられたのは、皆さんのおかげです」

永 「みなさん?・・・・・」

吉田「永さんも入っていますよ」

槇野「僕は感謝のしるしに、永さんが気に入っていた万年筆の飾り箱が

   どこで手に入るか教えましたよ」


永 「教えるだけじゃなく、箱ぐらいプレゼントしろよ{笑い}}」

吉田「万年筆ごとプレゼントしろよ{笑い}」

飯野「ちゃんと感謝していないんだ」

永 「してもらっています。デュークの事務所から、お歳暮も、

   お中元も頂いています。アレ_? そういえば今年は来なかった{笑い}」

谷 「世の中、不景気なので、だって、時代に合わせろって、

   永さん、よく言うでしょ{笑い}」

永 「この間、東京の新宿にある、シアターサンモールで毎月続けている

   1500曲マラソンコンサートにお邪魔して、一緒に歌って楽しませて貰って

   あれがお中元と思っています」

谷 「400曲前後のところでしたね」

永 「偉いよ、あのマラソンコンサートを続けているのは」

吉田「5年で500曲が終わろうとしているところですから、

   1500曲、全てを終えるのは、あと何年かかることやら」

槇野「えーーーー」

飯野「そうですよね。そういうことを考えずに始めちゃったんだ{笑い}」

吉田「終わる頃は、きっとリーダーが四捨五入して80歳{笑い}」

永 「いいよね 4台の車椅子がならんで{笑い}」

谷 「みんな譜面が読めなくて」

飯野「総入れ歯でフガフガして」

槇野「それでも続けるの?」

永  「大丈夫、客も同じで耳が遠くなっているから。

   デュークだか、ダークだか、ボニーだか、解らないよ{笑い}」

谷 「・・・・・・・始めちゃったんだから、やりますよ。


   このマラソンコンサートを支えにしながら、今回の45周年記念のように

   節目のコンサートをきちんと続けます」

槇野 「万年筆の話は出来なかったけど、僕はリーダーについて行きます{笑い}」

永 「サライの編集会議で出ると思うよ。万年筆なら槇野さんだって」

槇野「よかった。企画が通らなくても、名前が出れば、それで良しとしましょう」

永 「よかった{笑い}」

飯野「僕はですね」

谷 「やきとり食わせるよ」

飯野「ついていきます{笑い}」

吉田「僕はデュークでは二枚目ですから、太らないように

   甘いものをできるだけ抑えてね」

永 「色気はなくなったけど、食い気はあるね」

谷 「50周年を迎えるまで、いつもコンサートの構成、演出をしてくれる

   和田誠さんにも元気で頂いて」

永 「和田さんは強い味方だよね」

谷 「みんなで歌う事、ハーモニーが大好きな高齢者になって行きましょう」

永 「もうなってるよ{笑い}」

谷 「若いファンも巻き込んで」

永  「男は要らない」

吉田「永さん、谷さんにまとめさせてくださいよ。

   リーダーなんですから」

谷 「メンバーに支えられて、これからも皆さんとともに・・・・・」

3人 {拍手}

谷 「終わらせようとしている{笑い}」

永 「もう終わりました。アンコールはありません{笑い}」


いかがでしたでしょうか?

永さんはその後、大病され、現在はリハビリをしながら

ラジオ等の仕事をされ、飯野さんは残念ながら亡くなられました。

デューク・エイセスは今年、結成56周年を迎えます。

常に今年デビューした新人と同じ気分で、紅白歌合戦の出場を

目標にしながら活動を続けています。

芸能界では超大御所です。その世界の酸いも甘いもを経験したはずですが

その謙虚な姿勢は頭が下がります。

魅力溢れる4人の素敵なハーモニーにこれからも更に磨きをかけ

皆さんを楽しませてくれると信じています。

これからのデューク・エイセスの活動への応援

どうぞよろしくお願いいたします。



関連記事
スポンサーサイト
  1. 2011/05/29(日) 15:00:00|
  2. 過去記事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<Small Faces  | ホーム | 新潟市西区 焼龍 満腹野菜ラーメン>>

コメント

1. 有難うございました

記事の紹介をしていただき有難うございました。
おかげさまで貴重な対談を読むことができ嬉しく思います。
デュークの皆様が各々に、いたわりあいの大切さを話していらしたことが強く印象に残りました。
鉄壁のコーラスワークはこのチームワークからなのですね。
感銘するところあれば笑えてくるところありの楽しい対談。
やっぱり、デュークはいいなあ!
45周年の対談はこの『別冊サライ』、50周年は『週刊文春』に掲載されましたが、55周年の時は…?
デュークの対談を掲載しようという心ある雑誌があればいいのになぁ~
  1. URL |
  2. 2011/06/04(土) 14:00:56 |
  3. リアス #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

2. リアス様

>リアスさん
こんばんは。
最近思うのです。ロックバンド 特にボーカルと
ギタリストの確執で解散やメンバーチェンジ。
きっと俺が俺が そういうのもあると思うのです。
でもデュークは4人が1つにならないと
成立しない音楽なのです。
だからお互い思いやりが大切なのかもしれません。もちろんあの3人は50年以上も
一緒に歌っているわけですから、
家族や兄弟以上にお互い
 良いところも悪いところも 
でももうそんな事は超越して一緒に
居ると思うのです。それは目指す音楽が
同じだから 気持ちが同じだからだと
思うのです。55周年 コンサートの
パンフレットも製作されませんでした。
若者が消費する音楽が支流の今、
デュークには厳しい時代なのかもしれませんが
ファンは多く居ます。
私もリアスさんも。
ずっと ずっと デューク・エイセスは
活動して欲しい。
私はずっとずっと応援します。
  1. URL |
  2. 2011/06/04(土) 20:46:25 |
  3. まさ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://beatpop68.blog.fc2.com/tb.php/1008-7aa7430b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

最新コメント コメントは励みになります

月別アーカイブ

カテゴリ

三条市の食堂・ラーメン (1)
過去記事 (1410)
オフ会日記 (7)
三条市の食堂 ラーメン (66)
カツ丼 (27)
THE BEATLES (4)
SWEETS PARADISE (3)
日本映画 (4)
パン (4)
新潟市のラーメン・食堂 (75)
日々雑感 (26)
新潟のレストラン (11)
旅行 (1)
飲食チェーン店 (14)
うどん (10)
読書 (2)
燕市の食堂・ラーメン (8)
長岡市のラーメン (17)
喫茶・カフェ (15)
デューク・エイセス (14)
おにぎり (1)
オーディオ (14)
見附市のラーメン・食堂 (6)
加茂市のラーメン・食堂 (3)
車 (1)
寿司 (6)
新潟のレストラン 飲食店 (144)
食性活通信 (1)
石川県のラーメン (33)
富山県のラーメン (25)
金沢市の飲食店 (24)
石川県の飲食店 (13)
富山県の飲食店 (17)
福井県の飲食店 (2)
大阪市の飲食店 (2)
新潟県妙高市のラーメン (3)
新潟県上越市のラーメン (12)
新潟県糸魚川市のラーメン (6)
福岡県のラーメン (1)
高速道路 SA (1)
音楽・レコード・CD (1)
チャーハン・焼飯 (8)
オムライス (0)
滋賀県のラーメン (2)
京都府のラーメン (2)
新潟県柏崎市のラーメン・食堂 (2)
神奈川県の飲食店 (0)
東京都のラーメン (2)
新潟県十日町市の飲食店 (6)
鰻・うなぎ (3)
新潟県阿賀野市のラーメン (1)
新潟県村上市のラーメン・食堂 (2)
新潟県小千谷のラーメン (1)
新潟人情食堂 (1)
新潟県胎内市の食堂・ラーメン (3)
新潟県五泉市の食堂・ラーメン (2)
そば・うどん (0)
コインスナック (1)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
グルメ
292位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
B級グルメ
48位
アクセスランキングを見る>>

お友達のリンクコーナー

アクセス状況 PCのみ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。