暮らしの食性活大辞典 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

六輔、その世界 デューク・エイセス登場



第2部は4時20分スタート。
演奏の「ミルキーウェイ」の皆さんがデュークのテーマ曲、永さん作詞 いずみたく作曲の
「めぐり逢ったあなた」のイントロを演奏するなか緞帳が上がり
永さんと遠藤さんが登場。

「泰子さん デュークってレパートリー何曲あるか解る?」
「さあ 何曲ですか?」
「55年も歌っているからね じゃ本人達に聞いてみよう デューク・エイセス」

永さんの元気な掛け声でデュークの4人が登場です。

谷さんが「いやいや さっきから弄られっぱなしのデューク・エイセスです」

永さんが「ミーちゃん*谷さんの昭和30年代の太る前のアダ名 デュークって
今何曲レパートリーあるの」

「そうですね 1630曲ですかね あくまでもロッカーにしまってある曲ですけれど」

「凄いよね 泰子さん 1630だって 55年でしょ 僕たちのラジオも
もうすぐ50年 今日は55年対50年のキャリアの勝負 打ち合わせなしで
やりますよ。演奏も乗ったらやる、乗らなかったらやらなくていいからね」
槇野さんはどの位低い声が出るの?低いと言ったら若山弦蔵か槇野義孝かでしょ」

槇野「そんなに急に言われても アーオー ドソラソトドー アー」

大拍手


永「デュークって英語の歌を日本語の詩に変えて歌う事ある?」

谷「う~ん」と吉田さんと顔を合わせ「無いですね」

永「じゃ 日本語の歌を英語にして歌う事は_?」
吉田「ないですね」

永「あれ 不親切ですよね お客さん意味解んないから
  何歌っているか解んないでしょ 泰子さんさ ラヴァー・カンバック・トゥ・ミー」って
  曲知ってる?」

遠藤「恋人よ我に帰れ ですよね」

永 「あれを僕が英語で歌うから泰子さんは日本語に訳して頂戴よ。
   僕の作った上を向いて歩こう 海外でもヒットしました。
   でも気に入らないのが「スキヤキ」と言うタイトルで発売された事{笑い}
   スキヤキなんて言葉一回も使ってない。そしたらその後に誰かが英語の詩を付けた。
   どうゆう内容か、ちょっと歌ってみます。
   ♪ 懐かしい横浜 懐かしい芸者ベイビー 思い出すき焼きの味
        もう一度食べたい 芸者ベイビーと ♪{大拍手}
   じゃ歌いますから 泰子さん訳して ケンチャンピアノの音頂戴{岩崎 健一郎さん}

♪ピアノ♪「なんか音が違うよ 僕の後に合ったキーでね」

「The sky was blue, and high above The moon 」

「月」

「なんかムード無いね 泰子さん もっとこう色気出してよ

 The sky was blue, and high aboveThe moon 」

「ニュー月」{爆笑}

「なんだよ おい ベース ドラム ちゃんと音出せよ サボってないで

The sky was blue, and high aboveThe moon」

サックスのつづらのあつしさんがバリトンサックスをボーボー
ベースの飼沼丞二さん ドラムの長倉徹さんが演奏

永「おいおい なんだボーボーって ベース 音うるさい 邪魔で歌えない
  ドラム 叩けば良いってもんじゃないぞ 撫でたり摩ったりしろよ
  泰子さん もっとちょんとやろうよ
  行くよ The sky was blue, and high aboveThe moon」

遠藤「新月 新月の女将さん 永さん 最近新月行ってますか?」{爆笑}

永「新月の話しされると気分が悪いから あそこのドラムのお兄ちゃんが通ってるって」{爆笑}

なんだかんだ楽しいステージ 一気に高速のジャズの演奏をバックに
永さんがワンコーラス歌いました。吉田さんも永さんを見ながら一緒に歌っていました。


永「じゃ これからね デュークに歌ってもらいますね。
  僕はね デュークに沢山曲書いたけれど、いい湯だなが一番好きなの。
  なんか情感があって 色気があるでしょ だから好きなのね。
  デューク・エイセス!!!」

「慕情」のイントロが流れます。衰えを知らない もしかしたらショッカーに
人造人間にされたと思う位の4人の溢れ出る生命力のハーモニー。素晴らしい。

「次はデュークの18番 骨の歌 ドライ・ボーンズです」

2曲目「ドライ・ボーンズ」最後のハーモニーがこれまたウーウウーンって唸ってしまう。

槇野「永六輔さんといずみたくさんが作ってくれたにほんのうたシリーズから
セカンドテナー吉田一彦と他多数で、【女ひとり】群馬県が一番
温泉が多いとの事で群馬は【いい湯だな】後からドリフターズが
全国区にしましたけれど、その次は蛙は今冬眠中ですが茨城県のうた
【筑波山麓合唱団】ますますジャンプ力に磨きがかかった蛙に注目してください」

吉田さんが無理だよみたいな顔をして

「女ひとり~いい湯だな~筑波山麓合唱団」メドレー。
女ひとりは1番3番 途中からキーが半音上がるアレンジ。
吉田さんの情感豊かな歌声 これぞデューク。
ジャンプ力も確かに衰えていませんが、吉田さんが「ハー シンドイ
もう辞めようって言ってるんですが、ステージに立つと歌ってしまいます。
困ったものです。年々きつくなってまいります」{爆笑}
「にほんのうた ヒットした曲もあります。そうでない曲も、
今では影も形も無くなった曲もありますが僕たちの大切な財産です。」

いやいや 全部の曲が今でも大切に聞かれています。
宮崎の「フェニックス・ハネムーン」は第二の宮崎の民謡と言われています。
良い曲が沢山。いずみたくさんの実験精神、ジャズ ムードコーラス
サイケ 色んなタイプの曲が満載です。

谷「昔 もう50年近く前ですが、NHKで夢であいましょうと言う番組がありました。
  それを永さんが作っていたわけですが、今月の歌というコーナーで
  永さんが作詞、中村八大さんが作曲されて、先ほどの「上を向いて歩こう」
  「こんらちは赤ちゃん」「遠くへ行きたい」北島三郎さんの「帰ろうかな」なども
  そうでした。既に出演者の方も無くなられた方が多いほど昔の事になりましたが
  知ってる方は知っている「おさななじみ」この曲が我々の初のヒット曲になりました。
  *会場から そうそう 知ってるの声が*

  当時は私達も若かったので良かったのですが、年々歌詞が合わなくなってきて
  永さんが新たに付け加えてくれた歌詞があります
  今日はそれを一気に歌います。おさななじみとその後です。」

例の谷さんの「 ミカン リンゴ 危ない危ないレモンだ」のボケに大爆笑。

谷「すいません ボケてました 危ない危ない」
吉田「本人の名誉の為に言いますが これは演技ですから」

次に吉田さんのハーモニカをフューチャーした「野風増」
大須賀さんが「全国を旅した気分になれる」と紹介して「遠くへ行きたいメドレー」
そして、谷さんが「温かい拍手を沢山いただきました。今日最後の曲です。
ミュージカル「キャッツ」の中から「メモリー」

物足りなさも感じるあっという間のステージ。これで終わりはないでしょ。

緞帳が下がりアンコールの拍手。

緞帳が上がると永さんと遠藤さんが登場し「デューク・エイセス!!」

デュークが登場して谷さんが「永六輔さん」と声を掛け合います。

永「合唱団も良かった 歌の持つ力 いいよね 歌って本当に
  今日は皆さんと一緒に上を向いてあるこうを歌いたい。
  合唱団の皆さんももう一度出てきてください」

ここで会場全員で「上を向いて歩こう」の大合唱。
作詞された永さんを目の前に なんて素敵な事でしょ。
勿論私も歌いましたよ。永さんは手話をされていました。感動です。
デュークのマイクもこの時はオフ。槇野さんと谷さんの生声歌がダイレクトに
入ってきました。感激。

そして合唱団がステージから降ります。
永さんが「ありがとう 転ばないでね」大爆笑。合唱団の皆さんお疲れさまでした。

永「良かった 本当に楽しいコンサートでした。そして デューク・エイセス!!
  ありがとう 本当に僕と合唱団だけならこんなにお客さん来てくれなかった。
  だから僕はデュークに一緒に歌ってほしいってお願いしたんです。ありがとう。
  デューク・エイセス!!」会場から大拍手

永「デューク これからも付きあってね」

デュークのメンバーが皆「ハイ」って頭を下げます。

遠藤「最後にデューク・エイセスからもう一曲歌ってもらって今日は終わりになります」

谷「アカペラで【イッツ・ア・スモール・ワールド】これを歌って皆さんとはお別れです。

永「皆さん 本当に今日はありがとうございました デュークお願いします」

デュークの4人が寄り添って一つのマイクでアカペラで歌います。

歌って笑って涙して 正直 永さんとデュークの往年の復活は
無いと思っていたので、しかも永さん元気元気。
一度立ちあがったら拍手喝さい「凄いね 立っただけで拍手が来る芸能人も居ないよ」
本当に永さんはデューク好きなんですね。子供のように無邪気な永さんでした。
デュークは本当に大人ですね。永さんの要望100%こなせるのはデュークだけでしょうね。

5時20分 終了

なんだかんだ会場を去るのが遅くなって、臨時バスを待っていたら
またまた遅くなってしまいました。
東京駅に着くのが早くて20時 私の新幹線は21時40分。
お二人が「まささんを連れて行きたい」と仰っていた
吉原にある、花魁の姿をした足ベロベロだした店員さんが接客してくれる
花魁居酒屋 これも結局行けなくなりました。
さて 20時までに東京駅に着くけるのか?
00線は火災で運行取りやめとか?どうなる事やら

まだまだ続くよ!!






 
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2012/02/16(木) 08:00:00|
  2. 過去記事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<御菓子司 酒田屋 新潟半熟カステラ | ホーム | 新潟市中央区 【ラーメン拾番】>>

コメント

1. 楽しいね!

まささん、これも全部記憶だけ?

凄いですね!
歌が聞こえてきます!
笑い声が聞こえてきます!
ステージが見えますよ!

素晴らしいレポート!ありがとうございます!

後で又見に来ますね!
こうやって載せて頂くと何度も見れて嬉しいですね、ステージを何度も見ているようで、得した気分になれます。

続き楽しみに待っています。
  1. URL |
  2. 2012/02/16(木) 21:56:49 |
  3. 稲穂 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

2. 稲穂様


>稲穂さん
こんばんは。先回の「ジョギングコンサート」同様
暗記です。好きな事って頭に入りますね。
嫁にも「アンタ 頭良いのにもっと勉強してれば良かったね」って言われます。良いか悪いのかは別にして好きな事はもう一言も逃さないで
記憶します。ありがとうございます。
先回は印刷して手元に置くとおっしゃってくれて嬉しかったです。書き忘れた事もあるので
後日アップします。いつもありがとうございます。
  1. URL |
  2. 2012/02/16(木) 22:11:58 |
  3. まさ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

3. 素晴らしいコンサート!

素晴らしいコンサートでしたね。
臨場感溢れる文章に会場の様子が目に浮かんでくるようでした。
『ラヴァー・カム・バック・トゥー・ミー』での永さんと遠藤さんのやりとりが可笑しかったです。
日本語訳、が遠藤さんの声で頭の中に再生されてくるのですよ~。可笑しさ倍増です。
『いい湯だな』には何か情感があり色気があるという永さんの言葉、同感ですね。理由は説明できないけれどなんとなーくそう感じます。
槇野さん面白いです!低音の「トドー」や『女ひとり』の紹介の「他多数」がイイなあ~
会場が一体となった『上を向いて歩こう』の件は感動的です。読みながら『歌・仲間・愛(エンディング・バージョン)』が思い出されました。
谷さんと槇野さんの生歌声が聴こえてきたなんてスゴイー!贅沢ー!ステキー!
『イッツ・ア・スモール・ワールド』を歌うスタイル、これぞカルテット・コーラスという感じですね。

1本のスタンドマイクを分け合うコーラスのスタイルって、格好良くて好きなんです。
まとまりの無い長文コメントになりごめんなさい。
今回の記事の終わり方は何かスリリングですね。続きを楽しみにしております。
  1. URL |
  2. 2012/02/16(木) 22:34:58 |
  3. リアス #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

4. リアス様

>リアスさん
こんばんは。永さんの歌と遠藤さんの訳詞。
他にも面白トークがあったのですが
一番爆笑したトークが聞き取れなかったんです。
確か「ラヴァー・カム・バック・トゥー・ミー」って意味解る?って永さんが訪ねて遠藤さんが
「執着」って言ったのかな?
「戻ってきて?でしよ?」だったような。
御免なさい。他にも思い出した事を
後で記載しますから是非読んでください。
永さんとデュークを目の前に「上を
向いて歩こう」歌うのは本当に感激でした。
一生忘れません。
  1. URL |
  2. 2012/02/17(金) 21:57:09 |
  3. まさ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

5. 楽しそう!!

お久しぶりです。
またまた楽しい実況ありがとうございます!
こちらも行ったつもり、聴いたつもりで楽しいひととき過ごしました。
それにしても永さん、復活嬉しいですね。そして相変わらずお元気なデュークのご一同に安心してます。
まささんの驚異の記憶力には皆さんとともに、感謝したり呆れたり…
また是非ヨロシク!!
  1. URL |
  2. 2012/02/20(月) 20:30:56 |
  3. J #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

6. J様

>Jさん
おはようございます。
もう 永さん しゃべるしゃべる
最近のテレビの様子とは全く違っていました。
もう少しデュークとの事を聞きたかったんですが
どうしても時間が押してしまって、
充実していました。
そんな呆れないでください。
これからもよろしくお願いします。
  1. URL |
  2. 2012/02/21(火) 10:06:29 |
  3. まさ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://beatpop68.blog.fc2.com/tb.php/1306-94444f1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

最新コメント コメントは励みになります

月別アーカイブ

カテゴリ

三条市の食堂・ラーメン (1)
過去記事 (1410)
オフ会日記 (7)
三条市の食堂 ラーメン (66)
カツ丼 (27)
THE BEATLES (4)
SWEETS PARADISE (3)
日本映画 (4)
パン (4)
新潟市のラーメン・食堂 (75)
日々雑感 (26)
新潟のレストラン (11)
旅行 (1)
飲食チェーン店 (14)
うどん (10)
読書 (2)
燕市の食堂・ラーメン (8)
長岡市のラーメン (17)
喫茶・カフェ (15)
デューク・エイセス (14)
おにぎり (1)
オーディオ (14)
見附市のラーメン・食堂 (6)
加茂市のラーメン・食堂 (3)
車 (1)
寿司 (6)
新潟のレストラン 飲食店 (144)
食性活通信 (1)
石川県のラーメン (33)
富山県のラーメン (25)
金沢市の飲食店 (24)
石川県の飲食店 (13)
富山県の飲食店 (17)
福井県の飲食店 (2)
大阪市の飲食店 (2)
新潟県妙高市のラーメン (3)
新潟県上越市のラーメン (12)
新潟県糸魚川市のラーメン (6)
福岡県のラーメン (1)
高速道路 SA (1)
音楽・レコード・CD (1)
チャーハン・焼飯 (8)
オムライス (0)
滋賀県のラーメン (2)
京都府のラーメン (2)
新潟県柏崎市のラーメン・食堂 (2)
神奈川県の飲食店 (0)
東京都のラーメン (2)
新潟県十日町市の飲食店 (6)
鰻・うなぎ (3)
新潟県阿賀野市のラーメン (1)
新潟県村上市のラーメン・食堂 (2)
新潟県小千谷のラーメン (1)
新潟人情食堂 (1)
新潟県胎内市の食堂・ラーメン (3)
新潟県五泉市の食堂・ラーメン (2)
そば・うどん (0)
コインスナック (1)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
グルメ
225位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
B級グルメ
39位
アクセスランキングを見る>>

お友達のリンクコーナー

アクセス状況 PCのみ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。