暮らしの食性活大辞典 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

YAMAHA SOUND


 


YAMAHA NS-1000M


 



1974年発売
108,000円(1台、1978年頃)
119,000円(1台、1993年頃)


先日の新津の飲み会で、オデ兄さん、きょせんさんとオーディオについても熱く語った。


「俺たちの年代って、オーディオが憧れだったよね」


そう、今から数十年前、時の中学・高校生はオーディオブランドに強い憧れがあった。


良い音楽を良い音で聴きたい それが当たり前の欲求だった。


 


さて、一貫して「ヤマハサウンド」というものがあると思う。


晴れ渡った空の下で見る海、向こうの島まで見渡せるような


音で例えると澄み渡ったクリアな音と表現できようか?


 


YAMAHA NS-1000Mは我が家に「タンノイ」がやってくる数か月親しんだスピーカー。


このNS-1000Mが来る前、数週間同じヤマハの2ウェイのモニタースピーカーを借りていた。




見ず知らずの親子に、ポーンと「お金は後からでいいよ」と


品物を先に渡してくれた古町の「オーディオ三共」さん 良い時代だったのかな?




私自身は気に入っていたが、親父が駄目だった。


タンノイに買い替えると聞いたときは残念に思った。


大体「タンノイって何?」って感じだったし。


 


今見ると仏壇のような感じもするが、コーラル、パイオニア、トリオ


どのメーカーのスピーカーもこんな感じだった。


今でも中古オーディオ店で高価で取引されているが


オーディオブーム時、国産スピーカーでは良質でハイエンド入門には


バランスも良い素晴らしいスピーカーだと思う。


低域には30cmコーン型ウーファーであるJA-3058A、


中高域の振動板にベリリウム振動板で


LSI製造技術に用いられている電子ビーム真空蒸着法と特殊合金技術を応用し、


独自の技術力によって開発に成功したもので、高真空中で製造するため、


圧延板材により仕上げたものより化合物が少なく、高純度を実現。



、一度原子状またはプラズマ状にしてから蒸着するため、


絞り成型では困難な深いドーム形やタンジェンシャルエッジを形成。


流石「トヨタ2000GT」のエンジンからピアノ、便器まで


ヤマハの技術力の結集でもあった。


今ではこの価格では生産不可能だろう。


「メイド・イン・ジャパン」の強い自信と技術力が日本の工業生産の誇りだった。


サンスイもコーラルも消滅した現在からはもう遠い昔のように思えてしまう。


方式 3ウェイ・3スピーカー・密閉方式・ブックシェルフ型
使用ユニット 低域用:30cmコーン型(JA-3058A)
 中域用:8.8cmドーム型(JA-0801)
 高域用:3.0cmドーム型(JA-0513)
再生周波数帯域 40Hz〜20kHz
クロスオーバー周波数 500Hz、6kHz、12dB/oct
最低共振周波数 40Hz
インピーダンス 8Ω
出力音圧レベル 90dB/W/m
定格入力(JIS連続) 50W
最大許容入力 100W
レベルコントローラー 中・高音、連続可変型
外形寸法 幅375×高さ675×奥行326mm
重量 31kg


 



YAMAHA K-2000   148,000円(1982年発売)


同時期に我が家にやってきたカセットデッキ。


歴代のヤマハのカセットデッキの最高峰モデル。


今でも自宅にあるがお役御免になっている。


α-ORBiTを搭載したステレオカセットデッキで録音するテープを入れ


録音ボタンを押すとデッキが自動的にテープ面まで送り出し、テープの磁性体を


読み取って4ビットマイコンを使用し、バイアスの最適チューニングをフルオートで設定


依って、安価なローノイズテープでも録音のクオリティーは高かった。


あまりにも粗悪なテープは録音がキャンセルされる。


録再ヘッドには3枚ラミネート構造のローインピーダンス・ピュアセンダストヘッドを採用。


モニターボタンで瞬時に録音テープの音を再生できた。


また不要な個所は再生しながらイレーサーボタンで部分削除可能。


ノイズリダクションシステムとしてドルビーBに加えてdbxを搭載してあり


このdbxの威力は凄く、再生時のテープヒスは聴覚上0だった。


SN比も 59dB(Dolby off) だったが、dbxで録音再生すると


SN比は91dBだったと思う。


FMで放送される海外アーティストのライヴは勿論


「軽音楽をあなたに」「サウンド・オブ・ポップス」「昼の歌謡曲」


「クロス・オーバー・イレブン」土曜日のFリク等


「FMレコバル」「FMステーション」「FMファン」で番組をチェックして録音、


「貸レコード屋」が著作権違反だと出来ては潰されていたレコードが高価だった時代。


買ったレコードは大切にするか、直ぐにテープに録音し


友人と交換したり、1500円位で売り買いしたり。


教室は時にはレコードトレードセンター化した。


エアチェック派の方も多かったと思う。勿論私もそうだった。懐かしき良き時代。 


音楽は大切でレコードはラックに、音は心の中に閉まったものだった。


型式 カセットデッキ
ワウフラッター 0.02%(JIS-WRMS)
録音再生周波数特性 20Hz〜20kHz ±3dB
SN比 59dB(Dolby off)
ヘッド構成 3+1ヘッド
録再ヘッド:ローインピーダンス・センダストヘッド
モーター ダイレクトドライブ・キャプスタン2モーター方式
バイアス調整 α-ORBiT(フルオート)
カウンター 4桁デジタルリニアカウンター
メーター ワイドレンジピークホールドバーグラフメーター
(-40dB〜+8dB、LED16点)
ノイズリダクション ドルビーB、dbx
ヘッドアンプ デュアルFET差動入力DCアンプ
録音方式 リニアEMトランスダクション
テープセレクター テープ孔+αORBiTによるオートセレクト
モニター 常時・同時モニター可能
オートファンクション 0-ストップ
0-Mリピート
フルリピート
外形寸法 幅435×高さ112×奥行340mm
重量 9.2kg


 


 


NHK-FM 平日の 16:05〜18:00に放送されていた「軽音楽をあなたに」の


番組テーマ曲がフュージョンバンド「スタッフ」の曲。


う〜ん 懐かしいね。演奏しているのは腕利きミュージシャン


ゴードン・エドワーズ (b)コーネル・デュプリー(g)エリック・ゲイル (g)リチャード・ティー (key)


クリストファー・パーカー(ds)スティーヴ・ガッド (ds)


ひげ兄さんもこの頃、フュージョンにどっぷり浸って


日本のカシオペア スクエアの大ファンでコピーしていたらしい。


ローズピアノの音色って凄く好きなんですが


リチャード・ティーのこの音、あの頃にタイムスリップしてしまうのですが


逆に今の時代にゆったりと聴きたくなりますね。


Mustangさん、私はあまり詳しくないので是非解説お願いいたします。


Stuff - My Sweetness (1976)


 

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2014/01/18(土) 16:00:00|
  2. オーディオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:26
<<新潟市南区 『和風れすとらん 善友』 | ホーム | 新潟市中央区 『みよ』>>

コメント

papagallo様

「やぶもと」さん 卵とじなんですか?
そば屋でも全部が卵とじという訳じゃないので
これは楽しみです。
ある方が「やぶもとが美味しいと評判のようです」と
先日教えてくださったので、ありがとうございました。
  1. URL |
  2. 2014/01/21(火) 16:14:46 |
  3. まさ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

ところで・・・

影響に影響され、どうしても今晩とじカツ食いたい!
でもあんま遠くに行けない と地元やぶもとさんへ

“カツ丼ってタレかつですか?”

「いえ、蕎麦屋は卵とじですよ~」

やった!やっぱり期待どおりで食べてきました

「各々のお店のつゆをベースとしたタレで作るのですが
 どこも卵とじにするのが普通みたいですね」

甘さ抑えて塩がやや強めですがおいしかったです。
  1. URL |
  2. 2014/01/20(月) 21:29:19 |
  3. papagallo #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

papagallo様

我が家もサンスイAUー907Dリミテッドでした。
素晴らしい組み合わせでした。
その後タンノイは家具みたいで、クラシック向けの
スピーカーと聞いて残念に思いましたが
今年で34年、唯一当時父が買ったオーディオで健在です。

AUー907Dは新築して引っ越しして最初に
電源を入れたら左トランジスタから火が出て
壊れてしまいました。マニアの方が2万円で
売ってくれと連絡してきたので売りましたが
その山水も消滅しましたね。

テクニカのカートリッジ音が素直で
安いのから普通の物大変お世話になりました。
今もモノラルはテクニカです。
  1. URL |
  2. 2014/01/20(月) 17:42:27 |
  3. まさ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

3Y5様

ハードオフだとペアで6万位でしょうか?
ファンが多いスピーカーですね。
日本で今ピュアオーディオを作る会社は少ないですね。
AVサラウンド等は多くありますが、DVD鑑賞用ですから。
このころはオーディオが熱かったです。

我が家にも誰も乗らないホンダVTが眠っています。
  1. URL |
  2. 2014/01/20(月) 17:37:43 |
  3. まさ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

Mustang様

解説ありがとうございます。
あまり詳しいことが解らなかったので助かります。
こういう腕利きが集まってグループを組むのは
フュージョン系のグループが先駆けなのですね。

Mustangさんもヤマハがお好きなのですね。
モニター系の代名詞のスピーカーですね。
我が家最初はNS-500だったと思います。

一時ヤマハのサブウーハーNS-W2も組み合わせていましたが、バランスが崩れるので売却しました。

  1. URL |
  2. 2014/01/20(月) 17:34:09 |
  3. まさ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

みなちょの同期様

お久しぶりです。
みなちょの家は凄かったですよ。
まだ一般家庭にビデオデッキが無い頃
既に東芝のβデッキがありましたから。
彼は高校の夏休み、我が家にデッキを自転車に巻き付けて
持ってきて、我が家で0ビデオをダビングした仲です。
LDをステレオに繋げて大迫力でアクション映画も
沢山見せてくれました。

みなちょの同期さんもお父様がヤマハ好きでしたか。
みなちょもヤマハとナカミチが憧れのようでした。

ガット・ザ・ギャング行かれたのですね。
音楽も相当お好きなのでしょうか。羨ましいです。
みなちょは中島みゆきと松山千春の熱烈なファンでした。ここまで書くと怒られるかな?
よろしくお伝えください。ありがとうございました。
  1. URL |
  2. 2014/01/20(月) 17:25:04 |
  3. まさ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

おお!

32年前、先輩の家にサンスイ907と共に鎮座していたのがこれ

当時「モニ1000」と略してましたね
先輩がそっちだったので私はDS-503が欲しかったです

当時、マイクロのプレーヤーにテクニカのカートリッジ
そんな組み合わせで聞くモニ1000からの音は目の前に演奏者がいるかのごとく
圧倒的なイケイケ音でしたね 特にアルディメオラなんかは凄まじかった記憶があります

昔はおっしゃる通りすがり仏壇とか(笑)家具みたいだと思ったイングランド系のオーディオは
昔は篭っていた音と思っていましたが今は柔らかいと感じるようになりました

アナログオーディオはやっぱり面白いですね。
  1. URL |
  2. 2014/01/20(月) 13:25:06 |
  3. papagallo #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

Unknown

せんもにたー!!

これだけは知っています!
欲しかったスピーカーでした。

今でも高値取引なんですか!??

ヤマハのバイクは3台所有(笑)
  1. URL |
  2. 2014/01/19(日) 23:27:03 |
  3. 3Y5 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

は?

なんか、御指名されてるんですけど…(^_^;)

STUFF の "MY SWEETNESS"(邦題「いとしの貴女」)は1stアルバム "STUFF"(1976) 収録ですね。

NYのスタジオ・ミュージシャンが「お仕事」ではなく、自分たちのやりたい音楽を演奏しようと集まったバンド…

結局それぞれの仕事が忙しいこともあって5年足らずで自然消滅しました(リチャード・ティーの死後再編あり)けど、「グルーヴ」という言葉がこれほど似合うバンドはなかった…と思います。

…てなとこでしょうか。(笑)


YAMAHA のスピーカーの黒い塗装はピアノのそれが生かされているらしいですね。
僕のメインシステムがNS10M(初代モデル)でサブがんNS100(8cmウーファーの2ウェイ)と、スピーカーはYAMAHA党でございます。

…あ、JBLの101もあるか(笑)。

(^^)/
  1. URL |
  2. 2014/01/19(日) 23:21:25 |
  3. Mustang #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

懐かしい・・・

亡き親父は「ヤマハ」で一揃えしていたのを思い出しました。
イヤ~!この手のウンチクは懐かしいですね~。
オーディオの変遷のなかで、今思うと私たちはすばらしい時代を過ごしていた気がします。

あと、スティーヴ・ガッド
「THE GADD GANGの・・・」 ですよね?
新潟公演の時は彼のドラムに凄く興奮した記憶があります。
  1. URL |
  2. 2014/01/19(日) 21:43:24 |
  3. みなちょの同期 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

スッキ~♪様

dbxにも欠点がありました。
ピアノの小さな音、人の声などは息継ぎのような
ハーハーというノイズが発生すことでした。
それでも通常の録音の音の良さは素晴らしかったです。
ノーマルテープでもメタル以上の、モニターで直ぐに
聴いても遜色のない素晴らしいものでした。

dbxのテープを通常のデッキで再生すると
高域しか音が出ません。当然圧技術ですから。
dbxをdbxでダビングするときはdbxをOFFで再生して
DOLBYOFFで録音しdbxのデッキでONにして
再生すればOKでした。

テラークと言ったら「1812」じゃないですか?
大砲の音が入った、凄く溝の広いレコード。
ソニーのレコードプレーヤーPS-B80を買ったとき
「オーディオ三共」の社長がDL-103と
そのレコードをプレゼントしてくれました。
輸入盤!!!
あの迫力は凄かったですよ。スピーカーが
飛ぶんじゃないかと思いました。
配達で何時も来てくれた若い従業員の方からは
「若い人はDL-103よりこっちの方が気に入ると思う」と
SATINのMCカートリッジを私にくれました。

いや 懐かしいです スッキ~♪さん
テラークのレコード すっかり忘れてました。
私が自己流でエッジ交換した今のスピーカーでは
怖くてい再生できません。
  1. URL |
  2. 2014/01/19(日) 21:21:44 |
  3. まさ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

スッキ~♪様

お詳しいですね。「86」はスバルとの共同開発で
それぞれで販売しているのは、富士重工も
トヨタの傘下に入ったためで、スバルも「プリンス」と同じ
中島系の非常に優秀なエンジニア集団の会社が
元ですから、これからのトヨタの在り方を示した
一台じゃないでしょうか?

ヤマハは市販を視野に開発を進めたようですから
これはとても面白いことだと思います。
エンジンに関しては本当に凄い技術を持って居ると思います。

LFA 用エンジン 1LR-GUEは極少量生産で
20台/月らしいですね。特にシリンダーヘッドに関して
開発に力を入れています。
私が乗っていた123ベンツはオーバーヒートで
シリンダーヘッドに亀裂が入り廃車になりました。
その位シリンダーヘッドはエンジン要になるのだと思います。特に1LR-GUEはスポーツ仕様のエンジンですから
将来のスポーツレーシング市場を狙っているのは
間違いないでしょうね。
トヨタ・ヤマハ・スバル このトライアングルが気になります。
  1. URL |
  2. 2014/01/19(日) 21:06:09 |
  3. まさ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

リアス様

映画「007は二度死ぬ」のボンドカートヨタ2000GTの
DOHC6気筒エンジンはヤマハが開発製造していました。
ヤマハの技術が無ければ完成しなかった
日本スポーツカーの歴史的名車ですね。
ヤマハも再び今度は自社ブランドで自動車製造に
乗り出すようです。ブリジストンも以前はバイクを製造していました。ヤマハは陶器も作っていて以前は便器まで
あったのですが今はどうなのか不明です。

「日立・ミュージック・イン・ハイフォニック」という番組
ごめんなさい、私は聴いた覚えがないんです。
今調べたら、新潟も放送していたようですが
その時間帯は「クロス・オバー・イレブン」を
聴いていました。
その頃、日立には「ローディー」とぃうオーディオブランドがあり、東芝同様オーディオに力を入れていたので
そのような音楽番組を提供していたのだと思います。
LO-Dには有名なアンプがあります。
  1. URL |
  2. 2014/01/19(日) 18:55:58 |
  3. まさ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

オデ兄様

まさに「ロンサム・カーボーイ」ですね。
私も一度だけ社外のいい奴付けたことがあります。

長岡の川崎インター降りたトヨタの隣、YかAかも忘れましたが、最初に付けたのがなんと不良品で、結局4時間
待たされました。メーカーも思い出せないんですが
クラウンのダッシュボード 無残な加工で穴だらけで
それからは常に純正をディラーでお願いしています。

真空管アンプを積んだジャズタクシーに一度
乗ってみたい。
そしてオデ兄の究極の移動する部屋の完成
楽しみです。
  1. URL |
  2. 2014/01/19(日) 18:46:42 |
  3. まさ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

ひげじじぃ。。。様

我々の世代だとNakamichi DRAGON てすね。
100万円位でしたよね。
ピロタンさんの上司が私の親友で
彼の口癖が「ナカミチ ヤマハ すっげんでー」でした。
我々の世代はエアチェックテープオーディオ
しかも今みたいに一部マニアじゃなくて
音にこだわるのは当たり前で、昼休みになると
皆でオーディオのカタログ眺めていた時代です。
今だと携帯でラインなんでしょうけどね。

兄さんの場合、プロフェッショナルの機材で
音を作っていたわけですから私以上に
そういう拘りは多かったと思います。
今は便利に簡単に録音できますが
当時は機材が皆重かったですよね。
何か作る場合も緻密に計画して音を構築していく
レベル一つも手作業でピークを気にしながら
レベルを合わせて 音に真剣に向き合って
その作業も神聖なものではなかったですか?

今は何でもボタン一つで直ぐに作れますが
何秒もしないで消せることもできる。
選択は多いけれど、私たちの時代の方が
音楽に真剣に向き合っていたように思えるんです。
まさに兄さんの青春の全てですね。

兄さんのシステムで聴きたかったな。
オルトフォン 勿体無い 
  1. URL |
  2. 2014/01/19(日) 17:27:49 |
  3. まさ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

てぃおんさん

「ロンサム・カーボーイ」と言われるとピーンとくる
古い世代です。
オーディオ雑誌でも広告が載っていて
あの当時は「ロンサム・カーボーイ」「クラリオン」
「テン」この3つが抜きんでていたように思います。
「carrozzeria」になったのは私が免許を取得して
社会人になったころですね。

もう周りの車好きの仲間はコンポにもお金かけていましたよ。丁度カセットからCDにそしてMDもその後
出ましたね。何せ私はカーオーディオには疎くて
しばらくはBOSEのAW-1という機械で音を鳴らしていました。

パイオニアもピュアオーディオ市場は衰退したので
carrozzeriaが延命線だと思います。
ケンウッドはJVC参加に入り、一時は携帯端末で
盛り返しましたが現在は風前の灯火です。
若い人の車離れ その辺りも今後の課題かもしれませんね。

てぃおんさんも相当拘ったシステムを愛車に
取り付けていそうですね。
オデ兄が今凄い計画をされていますよ。
  1. URL |
  2. 2014/01/19(日) 17:17:55 |
  3. まさ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

きょせん様

「みよ」は平日以外の営業のようです。
一度「チヨコよせもり」でワイン飲みましょう。
  1. URL |
  2. 2014/01/19(日) 17:07:24 |
  3. まさ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

きょせん様

ほんとですよ。中学に入ると、親友は皆親から
入学祝としてシスコンを買ってもらって
自分の部屋に置いて専用で聴いて、
我が家は古いDIATONEのモジュラーステレオで
リビングでしたから、羨ましかったです。
私も専用のシスコンが欲しかったです。

私は社外のカーオーディオは一度だけ。
今の車には『匠の音』らしいですが
スピーカーが純正で・・・・・・・

その代り弟は器用なので、自分でケンウッドの
最高級品を取り付けていました。
後部座席にチェンジャー取り付けてました。

X90のマークⅡを新車で買ったときは12連のチェンジャーを付けましたが今はあるのでしょうか?

  1. URL |
  2. 2014/01/19(日) 17:06:10 |
  3. まさ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

追記

>中学時代も、「そこまで」ではなかったものの、「オールヤマハ」のシステムでした。

あ、これも、「中学の音楽室のオーディオ」の話です。

「憧れ」はあっても、無理(実現不可能)な「夢」に過ぎませんでした。

「dbx」は、「ライセンス」が「普及しなかった原因」として挙げられていますが、私自身も「最強のNRシステム」だと思います。
もっとも、「ドルビーとの互換性」も全くありませんでしたから、「dbxデッキ同士でないと、dbx録音されたテープはちゃんとした音で再生出来ない」と言う問題(課題/欠点)もありました。
広いDレンジで記録されている音源を録音する場合、dbxでは可能でしたが、ドルビーでは広いDレンジに対応出来ず、どうしても、ちゃんと録音出来ませんでした。
※音源の一例:「鳴り物入り」のテラーク音源
<ジャケットやディスクに「再生注意(CAUTION!)」を意味するマークが印刷されています。>
ヤマハ以外にも、ティアック、アカイ、テクニクス、マランツなど、一部のメーカーが「dbx搭載カセットデッキ」を製造/発売していました。
  1. URL |
  2. 2014/01/19(日) 12:31:45 |
  3. スッキ~♪ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

グループ企業

「日本楽器製造」=「ヤマハ」と言うイメージが非常に強いですが、「ヤマハ発動機」=「2輪車及び4輪用エンジン/船外機用エンジン」と、「インテリア部門(システムキッチン<住宅全般?>)」と、考えたら、確かにその通り、多岐に渡っています。
バブル期、「F1参戦」をきっかけに「四輪も製造販売するか?」と言われていましたが、「四輪」は「モーターショー」への「コンセプトカー出品」に止まっています。
今回の東京モーターショーでも、ヤマハは「実車の販売」を視野に、「恐らくこのまま行き(売り)ますよ」的なコンセプトカーを出品していました。
実車は作らずとも、トヨタへのエンジン供給は続いており、最近では「レクサスLFA」、往年の名車(我々世代)では「レビン/トレノ(上位モデル?)」のエンジンを供給していた事でも知られています。
恐らく、トヨタがF1参戦時、「縁の下の力持ち(あくまでも黒子)」的存在として、エンジン開発にも協力していた事でしょう。

「NS-1000M」、今でも「名機」として、時には「パーツ単位」でも取引されています。
普通に考えたら、当然「ジャンク品」としてしか見られませんが、そこは「往年の名機」、リサイクルショップでの扱いも「別格」です。
高校時代には、その「マイナーチェンジモデル」の「NS-1000X」が音楽室に導入されました。
中学時代も、「そこまで」ではなかったものの、「オールヤマハ」のシステムでした。
  1. URL |
  2. 2014/01/19(日) 09:33:22 |
  3. スッキ~♪ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

ゴー・ゴー・ヤマハ

ヤマハと言えばピアノとオートバイ、という知識しかなかったので「ほおぉぉぉ」と感心しつつ読みました。
カセットデッキの性能が凄い、と言うか、凄まじいですね。あの頃、こんなに凄いカセットデッキが存在していたとは。全く知りませんでした。為になります。
ヤマハ凄いなあ!ヤマハのマークは格好良かったなあ~、オートバイのデザインも良かった、と話が脱線。

ラジオ番組の数々が懐かしいです。中高生の頃はエアチェックに燃えていました。
新聞に「週間FM番組表」が掲載されていて(しかも一頁丸々使用で)楽しみに見たものです。
AMでは「日立・ミュージック・イン・ハイフォニック」をよく聴きましたね。(番組名を間違えていたらごめんなさい)
曲を沢山かけてくれる良い番組でした。…思い出話が長くなり失礼いたしました。
  1. URL |
  2. 2014/01/19(日) 02:10:51 |
  3. リアス #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

Unknown

オーディオ から バイク 車
年とともに変わってきましたが
音楽は 何時もついて来ました

車もTSX9から始まり
X アナログまで 行きました

どっぷりハマり
関東までデモカー聴きに行ってましたね
  1. URL |
  2. 2014/01/19(日) 01:28:22 |
  3. オデ兄 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

Unknown

せんもに・・・ もにもに・・・(爆)

俺は、ナカミチの700を初めて見た時・・・
腰が抜けたなぁ~♪(大笑)

よく考えたら・・・ 
あの頃って、入り口がいっぱいあったんだなぁ・・・って・・・
ザ・昭和♪

シスコンからディープなオーディオへ・・・

クロスオーバー・フュージョンからジャズなりブルースなり・・・

伸びシロなり、可能性なりが、満ち溢れてた?(笑)

ローズはねぇ・・・

スーツケースだと重くて運ぶのが嫌だったな。(爆)
(一度落として、青くなったし・・・)(激爆)

ちなみに、ラインで上手なPAじゃないと
あのコロコロした音出ないよ♪

スーツケースの標準のアンプ(SP)の
ガシャーンとした音もいいけどね・・・(笑)

てぃおんさんへ・・・

友人Tのオーディオは・・・
水害で、終わった模様・・・ 残念。
  1. URL |
  2. 2014/01/18(土) 23:56:39 |
  3. ひげじじぃ。。。 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

Unknown

こんばんは。

あまりオーディオには詳しくはないですが、気力だけは負けませんでした。
車の話ですが・・・

やはり今でも車には「カロッツェリアX」を付けたいと思ったりします。

ドラッグ中毒のように、抜け出せなくなるのでオーディオは怖いです。

ひげさんの知り合いで、T山氏がいるんですが、この人もオーディオが凄かったです。
僕の自宅近くが実家ですが、良く遊びに行き聞いていました。

今でもあのセットを所有してるのか知りたいところです。
  1. URL |
  2. 2014/01/18(土) 23:04:45 |
  3. てぃおん #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

再コメです

 今夜は僕一人なので、「みよ」に行ってみようかと思いましたが、土日は休みでしたね。残念(^_^;)

 また、近いうちに行ってみます(^o^)
  1. URL |
  2. 2014/01/18(土) 18:36:12 |
  3. きょせん #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

Unknown

 昔のスピーカーって、黒の直方体でかっこよかったですよねぇ!部屋のインテリアとしても映えました(^o^)

 周りの悪友たちが、デッキ・アンプ・スピーカーと一つ一つ揃えていくのを見て、羨ましく思ったものです。

 その反動ですね、きっと。セリカのときもセドリックのときも、カーオーディオには金をかけました(^o^)

 当時は、自動車電話・後付カーテレビの時代。カーナビなんぞは雲の上の存在でしたね。

 そんな時代にオートバックス、イエローハットのオーディオコーナーにいるときは、至福のひとときでした(^o^)

 
  1. URL |
  2. 2014/01/18(土) 18:14:08 |
  3. きょせん #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://beatpop68.blog.fc2.com/tb.php/139-5d45e4a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

最新コメント コメントは励みになります

月別アーカイブ

カテゴリ

三条市の食堂・ラーメン (1)
過去記事 (1410)
オフ会日記 (7)
三条市の食堂 ラーメン (66)
カツ丼 (27)
THE BEATLES (4)
SWEETS PARADISE (3)
日本映画 (4)
パン (4)
新潟市のラーメン・食堂 (75)
日々雑感 (26)
新潟のレストラン (11)
旅行 (1)
飲食チェーン店 (14)
うどん (10)
読書 (2)
燕市の食堂・ラーメン (8)
長岡市のラーメン (17)
喫茶・カフェ (15)
デューク・エイセス (14)
おにぎり (1)
オーディオ (14)
見附市のラーメン・食堂 (6)
加茂市のラーメン・食堂 (3)
車 (1)
寿司 (6)
新潟のレストラン 飲食店 (144)
食性活通信 (1)
石川県のラーメン (33)
富山県のラーメン (25)
金沢市の飲食店 (24)
石川県の飲食店 (13)
富山県の飲食店 (17)
福井県の飲食店 (2)
大阪市の飲食店 (2)
新潟県妙高市のラーメン (3)
新潟県上越市のラーメン (12)
新潟県糸魚川市のラーメン (6)
福岡県のラーメン (1)
高速道路 SA (1)
音楽・レコード・CD (1)
チャーハン・焼飯 (8)
オムライス (0)
滋賀県のラーメン (2)
京都府のラーメン (2)
新潟県柏崎市のラーメン・食堂 (2)
神奈川県の飲食店 (0)
東京都のラーメン (2)
新潟県十日町市の飲食店 (6)
鰻・うなぎ (3)
新潟県阿賀野市のラーメン (1)
新潟県村上市のラーメン・食堂 (2)
新潟県小千谷のラーメン (1)
新潟人情食堂 (1)
新潟県胎内市の食堂・ラーメン (3)
新潟県五泉市の食堂・ラーメン (2)
そば・うどん (0)
コインスナック (1)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
グルメ
285位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
B級グルメ
51位
アクセスランキングを見る>>

お友達のリンクコーナー

アクセス状況 PCのみ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。