暮らしの食性活大辞典 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

東映 【博奕打ち 総長賭博】

$月影の宵/IN THE EVENING BY THE MOONLIGHT


昭和43年 東映京都作品

企画 俊藤浩滋、橋本慶一 
監督 山下耕作 
脚本 笠原和夫 
撮影 山岸長樹 
音楽 津島利章 

出演 鶴田浩二、若山富三郎、金子信雄、藤純子、桜町弘子、名和宏、曽根晴美、佐々木孝丸、
曽我廼家明蝶、三上真一郎、沼田曜一、香川良介、原健策、


昭和40年代、テレビが普及し、映画館の観客動員も年々減少していましたが
それでも映画は人々の娯楽でした。
当時、邦画で最も観客動員が良かったのが「東映任侠路線」でした。
オールナイト興業とでもなれば、館内に入れない人が立ち見で溢れ
高倉健が「死んでもらいます」とセリフを発すると
会場から「健さん 異議なし」と一斉にコールが巻き起こりました。
鶴田 健さんが殴りこみを完了し「完」とスクリーンに現れると拍手喝さい。
観客は皆、肩で風を切り歩いて帰って行きました。

しかし、映画評論としては誰も評価せず、芸術の対象外。
当時評価していたのは意外にも、故・水野春郎氏位でした。
この「博奕打ち 総長賭博」は昭和43年の正月映画として
セミオールスターで制作。それほどの大ヒットには成りませんでしたが
あの三島由紀夫が「何の誇張もなしに『名画』だと思った。
なんという必然性の意図が、
各シークエンスに張りめぐらされていることだろう。
若いころの鶴田には何ら魅力を感じなかったが、
今や飛車角の鶴田のかたわらでは、
さしも人気絶頂の高倉健もただのデク人形のように見えるのであった。
彼はなんと『万感こもごも』という表情を完璧に見せることのできる役者になったのだろう。
その撫で肩、私服姿のやや軟派風の肩が、彼をあらゆるニセモノの颯爽さから救っている。
そして『愚かさ』というものの、何たる知的な、何たる説得的な、
何たるシャープな表現が彼の演技にはみられることか」と
昭和44年の「映画芸術」で絶賛した事により
ようやく映画として評価されるようになるのである。

情感あふれる演出で時代劇から任侠、文芸作に多くの傑作を残した
山下監督と鶴田の演技は勿論、後に「仁義なき戦い」を書きあげる
笠原和夫と音楽もこれまた仁義でお馴染みの津島利章が担当しています。


$月影の宵/IN THE EVENING BY THE MOONLIGHT


昭和のはじめ天竜一家の総長が倒れる。跡目相続の問題が浮上。
中井信次郎(鶴田浩二)が二代目を推挙されるが服役中の兄弟分であり、
妹の弘江(藤純子)の亭主松田(若山富三郎)を推して辞退する。
しかし、服役中であることを理由に、
組長の娘婿である石戸(名和宏)が二代目を継ぐこととなった。


$月影の宵/IN THE EVENING BY THE MOONLIGHT


松田が無事出所し、笑顔で出迎える中井と石戸であったが
中井が総長辞退し自分に譲ってくれたものの、
三下の石戸が後目を継ぐ事を知り激怒。
$月影の宵/IN THE EVENING BY THE MOONLIGHT
$月影の宵/IN THE EVENING BY THE MOONLIGHT


謹慎に処せられてしまった松田。次第に荒れ狂い、あちこちで仲間内で
もめ事を起す。実は、この二代目襲名には松田を失脚させ、
天竜一家を乗っ取ろうという仙波(金子信雄)の画策があった。


$月影の宵/IN THE EVENING BY THE MOONLIGHT

再三、松田を説得する中井だが、松田の怒りは収まらない。


$月影の宵/IN THE EVENING BY THE MOONLIGHT
$月影の宵/IN THE EVENING BY THE MOONLIGHT

松田の子分音吉(三上真一郎)が石戸を襲い大怪我を負わせてしまう。
一度は音吉を匿った中井だが、妻のつや子(桜町弘子)は実の息子と同じように
可愛がっていた音吉と、彼の婚約者を不憫に思い音吉を逃がしてしまう。
つやこは責任を取って自害してしまう。
「話しは付いていたんだよ お前が死ななくても」と
優しくつや子を抱き上げる中井。
$月影の宵/IN THE EVENING BY THE MOONLIGHT


つや子の墓前で松田に「手を引けと」説得する中井、
しかし「俺は意地でもやるぞ」既に破門状が廻った松田。
「これまでだな」と松田との兄弟杯を叩き割る中井。
$月影の宵/IN THE EVENING BY THE MOONLIGHT

「兄さん、姉さんが何で死んだか解っているの?
兄さんや松田、音さんの為に なのに 姉さんの前でこんな事酷過ぎる」
しかし二人は耳を貸さない。
$月影の宵/IN THE EVENING BY THE MOONLIGHT


つや子を自殺に追い込んだ音吉が中井に「叔父兄、頼むから殴っておくんなさい
なにか言ってください」と泣きながら詫びる。
「音 俺の言う事を聴け。渡世から足を洗え。もうお前の命
お前だけのもんじゃないんだぞ」
「ヤクザの俺には松田の親父が決めた道を歩くしかないんです。
叔父兄だって俺にそう教えてくれたじゃねーか」
$月影の宵/IN THE EVENING BY THE MOONLIGHT


涙をグッと堪えて「音」と言い放つと
中井は音吉を殴ります。そしてずぶ濡れの音吉に自分が差していた
傘をそっと置いて立ち去ります。
$月影の宵/IN THE EVENING BY THE MOONLIGHT


結局、松田は石戸の襲名披露の席上で襲おうとし
音吉共友中井に刺殺されます。
$月影の宵/IN THE EVENING BY THE MOONLIGHT


弘江は兄に向って「人殺し」と絶叫します。

仙波は中井に刺客を送りますが失敗。
$月影の宵/IN THE EVENING BY THE MOONLIGHT



「仙波 テメーのせいで皆死んだ。今度はテメーの番だ」

「中井 テメー 叔父兄分の俺に向かってドスを向ける気か?
テメーの任侠道はそんなものか!」
$月影の宵/IN THE EVENING BY THE MOONLIGHT

「任侠道?俺にはそんな物はねー。ただのケチな人殺しだ。そう思ってもらおう」
全ての元凶の元、仙波に中井のドスが突きささります。
$月影の宵/IN THE EVENING BY THE MOONLIGHT

「誰か来て!!」仙波が叫びます。命が途絶えたところに
両衆の若いのが揃いますが 何故か中井が静かに立ち去るのを見届けます。
任侠道はそこに有りました。


$月影の宵/IN THE EVENING BY THE MOONLIGHT

最後に中井に対する裁判の判決が読まれます。「無期懲役」

監督の山下と脚本の笠原は、当時の京都撮影所長で
昨年亡くなった東映名誉会長、岡田茂氏に呼びつけられ
「こんな芸術みたいな映画なんか作らんで、もっと儲かる映画作れ」と
怒られたそうですが、二人はニヤニヤしながら喜んだそうです。
鶴田も三島とそれ以来、お互いの家を行来し
三島は六本木の「キャンティー」にしか置いていない食材を
鶴田の家に持っていっては料理をし、二人でお酒を飲んだそうですが
三島が割腹自殺を遂げた後「ああいう死に方は、一見、男らしく見えるだろ。
でも違うんだ、生きて戦ってこそ男じゃないか」と娘さんに三島の本やお土産品を
見えない所に片付けろと言ったそうです。
その頃の彼の主演映画は覇気がありません。
かなりショックだったようですね。

この映画を見て私は何時も泣いてしまいます。
悪の為に正義が全て殺される しかし最後に悪は正に殺されます。
ヤクザの世界に正しいも悪いも無いですが
堅気の世界だって荒れ狂っています。
何所に正しいが有るのでしょうか???

因みに、この映画の企画、故・俊藤浩滋氏はこの映画に出演している
藤純子{現・富司純子}の実父 寺島しのぶのお爺さん。
東映の任侠映画の9割は彼の手がけた作品で
鶴田の兄貴分でもあり、高倉健 若山富三郎 菅原文太
梅宮辰夫 松方弘樹等の育ての親でもあります。

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2012/05/02(水) 09:11:57|
  2. 過去記事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<にんたま食堂 新潟大学前店 | ホーム | 【鈴木食品】 白糸おちびさん納豆>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://beatpop68.blog.fc2.com/tb.php/1409-b486f710
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

最新コメント コメントは励みになります

月別アーカイブ

カテゴリ

三条市の食堂・ラーメン (1)
過去記事 (1410)
オフ会日記 (7)
三条市の食堂 ラーメン (66)
カツ丼 (27)
THE BEATLES (4)
SWEETS PARADISE (3)
日本映画 (4)
パン (4)
新潟市のラーメン・食堂 (75)
日々雑感 (26)
新潟のレストラン (11)
旅行 (1)
飲食チェーン店 (14)
うどん (10)
読書 (2)
燕市の食堂・ラーメン (8)
長岡市のラーメン (17)
喫茶・カフェ (15)
デューク・エイセス (14)
おにぎり (1)
オーディオ (14)
見附市のラーメン・食堂 (6)
加茂市のラーメン・食堂 (3)
車 (1)
寿司 (6)
新潟のレストラン 飲食店 (144)
食性活通信 (1)
石川県のラーメン (33)
富山県のラーメン (25)
金沢市の飲食店 (24)
石川県の飲食店 (13)
富山県の飲食店 (17)
福井県の飲食店 (2)
大阪市の飲食店 (2)
新潟県妙高市のラーメン (3)
新潟県上越市のラーメン (12)
新潟県糸魚川市のラーメン (6)
福岡県のラーメン (1)
高速道路 SA (1)
音楽・レコード・CD (1)
チャーハン・焼飯 (8)
オムライス (0)
滋賀県のラーメン (2)
京都府のラーメン (2)
新潟県柏崎市のラーメン・食堂 (2)
神奈川県の飲食店 (0)
東京都のラーメン (2)
新潟県十日町市の飲食店 (6)
鰻・うなぎ (3)
新潟県阿賀野市のラーメン (1)
新潟県村上市のラーメン・食堂 (2)
新潟県小千谷のラーメン (1)
新潟人情食堂 (1)
新潟県胎内市の食堂・ラーメン (3)
新潟県五泉市の食堂・ラーメン (2)
そば・うどん (0)
コインスナック (1)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
グルメ
377位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
B級グルメ
63位
アクセスランキングを見る>>

お友達のリンクコーナー

アクセス状況 PCのみ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。