暮らしの食性活大辞典 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フィルム映画の終焉

月影の宵/IN THE EVENING BY THE MOONLIGHT
月影の宵/IN THE EVENING BY THE MOONLIGHT


唯一、国産で映画用フィルムの製造をしていた「富士フィルム」が
映画用のフィルムの製造を中止する事を発表した。

国内の映画館は、ほぼ「シネコン」の業態が支流で
DVDやデジタル配信される映像をアルバイトがセットして
時間になったら流すのが普通で、昔みたいに映写技師が
何本ものフィルムを2台の映写機にセットして、フィルムの上映を
する事は殆ど無くなった。

ずっとフィルムで映画を取り続けて来た山田洋次監督は
「本当に残念」
北野武監督は「デジタルなんて、インスタント食品の様なもの」と
落胆の様子を隠しきれない。

最近俳優を引退された、菅原文太さんは公私で色々な問題が
発生し、今までのような意欲的な仕事をする力が無くなっていたようだが
今回、真っ先に理由としてあげたのが「デジタルの映画撮影システムの現場が
俺には合わない」と仰っていた。

そもそも、フィルム撮影では現像処理が済むまで実際の映像は確認できない。
その現像されたフィルムを「ラッシュ」と呼んで、
監督がOKしたシーンを編集担当がフィルムをつなぎ合わせ
原版フィルムを作成する。この段階でまだ音の確認も出来ていない。
その後に音声と同期させ、必要ならアフレコで入れ直し、
音楽を作る作曲家はそのラッシュのフィルムを見ながら
カット事の時間を測りながら作曲し、出来あがったフィルムをスクリーンに映しながら
演奏者が音入れをするという、手間のかかった作業工程が必要だった。

全盛期の日本映画は各社、週2本封切り。
週替わりの興業で、人気スターは年間10本以上の映画に出演した。

テレビ全盛になり、邦画も以前のようにオールナイトで
鑑賞し、スクリーンのヒーローに拍手喝さいを送る事も無くなったが
それでも映画はフィルムで丁重に、それそれの職人が
魂を込めて映画作りに携わっていた。

生前、山城新吾さんが「今、ドラマでNG場面流して
皆で笑って、大賞なんか言ってる 馬鹿げてるね
我々の頃、NGなんか出したら監督や進行主任から
新吾 お前どれだけフィルム無駄にしたら気が済むんや!
また俺が始末書書かされるんぞ、怒られたもんですけどね」

デジタルの場合は、撮影後、その場で映像と音が確認し
監督と俳優が「ここはもっとこうして ああして」と
再度ディスカッションをして、気に入らない場合は即座に
取り直しても時間以外は何も無駄にはならない。
しかし、フィルムの場合はNGとなったフィルムは廃棄処分となるため
監督やスタッフは、決められた予算内で完成させる事に
神経を尖らせた。またその雰囲気も良い映画作りの
一因になっていたのは間違いない。

山下耕作監督、高倉健主演の映画でこんなエピソードが
残っている。

最後のクライマックス、山下監督が溜息が出るような
見事な演技をし、「OK 健さん 今のは最高 ホントに良かった」
健さんもにっこり微笑んで満足していた。
しかし、カメラマンが「監督 すまん フィルム切れた」
その言葉を聴いて、流石の健さんも、むくれてスタジオから出て行ったという。
どうやら、それ以前のシーンでフィルを使い過ぎたのが原因だった。
デジタルならそんな事も無いだろうが、
それほど当時の撮影現場は過酷で真剣な、歩いてる人は
誰もいなかったという位の活気 まさに戦場でもあった。

$月影の宵/IN THE EVENING BY THE MOONLIGHT


フィルム時代の大女優の最後とも言えるのが『夏目雅子』さんだろか?
当時、事件を起こし干されていた『五社英雄』を親友の
東映出身の監督『佐藤純弥』が東映の岡田茂社長に引き合わせ
「彼に映画を取らせてやってくれ」と頼んだ。

岡田は五社に「どんな映画を撮りたいのか」と尋ねると
「宮尾登美子さんの作品を作りたい」と申し出た。
江戸時代、ヤクザが一目を置いて手出ししなかった「火消し」の
子供として生まれた五社と、侠気溢れる「鬼龍院政五郎」の
組み合わせに「イケル」と確信した岡田は五社に
「暗い作品だけにはしてくれるな」と忠告して、制作に入った。

当初「松恵」役に『大竹しのぶ』がキャスティングされたが
結果、五社の意向と沿う物で無く早くも中止となり
代わりの女優探しに奔走して、やっと見つけたのが「文学座」の女優
夏目雅子だった。既に女優として成功していた夏目だったが
スタッフはオールヌードの体当たりのシーンに難色を示すと
考えていたため、乳房のシーンは代役で撮影する事に決めていた。
しかし他の出演者の女優さんが何人か脱いでいるのに、
自分だけ脱がないのはおかしい。私も脱いで演技します」
事務所側は清純なイメージの夏目の印象が悪くなると
強固に反対したが、夏目の熱意に圧倒され、

結果「なめたらあかんぜよ」と名セリフとともに
映画は11億の興業収入を得る大ヒットなった。
しかし、この映画の3年後、夏目は急性骨髄性白血病で
27歳という若さでこの世を去った。

北野武監督の言う「インスタント食品」
とても的を得た一言だと思う。
私のつたない文面で皆さまにどれ位フィルム映画が
出来るまでの苦労や現場の過酷な状況が伝わったのか
解らないですが、画面から全スタッフの熱意
映画館の熱気 全てが懐かしく、そしてもうこのような
映画システムが終焉する事に邦画ファンとして
とても悲しくなる思いが募ります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2012/12/13(木) 09:11:44|
  2. 過去記事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<ボーナスが出たら | ホーム | Rainbow>>

コメント

1. こんにちは

そうですか…残念。

東映ラボテック(旧•東映化学)担当作品のタイトル下には富士フィルムの名をかなり見かけます。

でも、車も家屋も人の考え方も、綺麗な物や便利な物ばかりを求める風潮が「味」を受け入れない世の中を作り出してしまった様に思います。

それが映画•テレビまでとは…

恋愛モノならそれでも変わらんでしょうが、時代劇や事件モノ、ヤクザ映画はフィルムでしか出せない画像の迫力が有るのに…

たけしの一言、両手を挙げて支持します。
  1. URL |
  2. 2012/12/13(木) 12:46:22 |
  3. 団長(ペタ返しは不定期) #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

2. 「音作り」同様…

「フィルム独特の質感」…それ即ち「画(え)作り」とでも言いましょうか…。
その「画作り」までも、デジタル技術を持ってすれば、「フィルムの様な(フィルムに近い)質感」も再現(表現)可能になってしまったがために、「アナログ文化」としての「フィルムの存在」そのものまでも「絶滅」へと追いやられてしまったんですね。

まぁ、映画に限らず、写真(静止画)の分野でも、今では「フィルムカメラ」や「写真用フィルム」も「絶滅の危機」に瀕しています。

「エコ」のご時世、写真にしろ、映画にしろ、「フィルム」は「NGを出せば出しただけ無駄になる」ので、割に合わないのかも知れませんね。
  1. URL |
  2. 2012/12/13(木) 20:38:16 |
  3. スッキ~♪ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

3. 時代の流れ…

…と言えばそれまででしょうけど、残念とまでは思ってないですね。

でも、自分で8ミリフィルムのカメラを回した経験があるだけに、ビデオに一発勝負な緊張感がないというのは良く分かる気がします。

しかし、フィルムがデジタル・メディアに比べて「保存性」が劣ることは否めません。

もちろん「デジタル」は「省略」の技術でもありますから、フィルムのクオリティを全て保存できるとは思ってません。

要は、どう「使いこなすか」ではないかと思います。

「インスタント食品」のような使い方をすれば、それだけのものにしかならない…だけのことではないかと思います。

道具が変わるぐらいで醒める熱意なら、映像作品を作る事も、楽しむこともできないでしょうね。

(^^ゞ
  1. URL |
  2. 2012/12/13(木) 22:37:02 |
  3. Mustang #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

4. 団長様

>団長(ペタ返しは不定期)さん
東映は以前、アメリカの「ウエストレックス」の
フィルムを使っていましたが、
富士の方から「安くするから使ってくれ」と
頼まれて、それから使っていたと
岡田茂さんの本に書いてありました。
それから、東映ラボは現像に
「マゼンタ」液を沢山使うのが
伝統のようで、特に「仁義なき戦い」の
フィルムが黄色なのはそのせいのようです。
  1. URL |
  2. 2012/12/14(金) 11:14:59 |
  3. まさ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

5. スッキ~♪様

>スッキ~♪さん
やはりコスト面の方でしょうね。
確かに、フィルムぽい画像も
作れますが、やはり違う。
時代劇だとセットがモロセットな感じ。
今テレビのドラマでフィルム映像は
絶滅しましたね。
昔の「赤いシリーズ」とか
あの質感がフィルム やけにリアリティーが
ありました。
  1. URL |
  2. 2012/12/14(金) 11:22:53 |
  3. まさ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

6. Mustang様

>Mustangさん
ああ 私は小学生の頃
箱根の旅行で八ミリ一本、
そっちで放送していた漫画をテレビの
画面から映して、現像して映写した
親父に凄く怒られました。

武さんの根底にあるのは
やはりフィルムで見た任侠映画なんです。
質感 ディテールに拘る。
今でも真空管マイクやアナログ機材しか
使わないミュージシャンも多く居ます。
拘りなんでしょぅかね?
コダックは会社再生法適用しているので
こちらもフィルムからは撤退したはずです。
  1. URL |
  2. 2012/12/14(金) 11:32:20 |
  3. まさ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

7. 絶望のプロセス

時間の流れは 止まることなく、常に刻み続けます。
そしてその流れとともに 気づかぬくらい少しづつ 変化してます。
時の塊は 時代となり、 気づかぬくらいの 小さな変化は、
ある日を堺に爆発し、大きな変革をもたらすことになります。

大きな変化、変革といっていいのでしょうか、
変革を 人は 直ぐに受け入れられないはずです。

変化や変革という言葉を 聞くと、人はそれが良い印象と受け取らず、
ほとんどの場合は 悪いこと と認識することになります。

したがって、変化は最初の頃、大抵受け入れられません。
つまりは 拒否をして、抵抗をします。
しかし、その抵抗がまるで通用しないことを知って 苦悩して、
時間が経過することにより 諦めはじめ、ついに最後は受け入れる。
大まかですけど、これが 人間の思考プロセスです。
絶望のプロセスとも言われています。
(別に知っておく必要のない 理屈ですけど。)

この理屈で考えると、、、
これまでのやり方に こだわりを持った方ほど、
そのことに 関する 変化への拒否・抵抗は
大きくなるのでしょうね。

すなわち フィルム映画の終焉にともない、
山田洋次監督、北野武監督の拒否反応は とても大きくなるのです。

理屈ばかり並べてしまいましたが、世の中には不変のものも あります。
山田洋次監督、北野武監督のお考えは、不変な ものなのかもしれません。


まささん、良い仲間が大勢いらしてられ、、良かったですね。
  1. URL |
  2. 2012/12/21(金) 23:52:45 |
  3. アヒル #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

8. アヒル様

>アヒルさん
なにか洗脳される人のプロセスに似ていますね。
やはりコストの面でデジタルでの
制作は安心なんだと思います。
フィルムを無駄にしたり、現像・編集。
何工程も省く事が出来ます。
その筋の職人は仕事が無くなり
どうされるのか 他人ごとなのに何故か
気になります。

逆にロックアーティストの場合
未だに「マーシャル」等の真空管ギター
アンプに真空管マイク アナログレコーダーで
録音が支流ですから
大勢が制作に携わる映画と違って
各人の拘りが見えるのが音楽業界
というところでしょぅか?
音楽的には個性的な音は少なくいと思いますが
そろそろ新しい世界的ヒーローが登場してほしいですね。

ホントにアヒルさんを始め 仲間に助けられ
励まされる、まだまだ未熟者ですが
宜しくお願い致します。
  1. URL |
  2. 2012/12/23(日) 10:54:03 |
  3. まさ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://beatpop68.blog.fc2.com/tb.php/1613-a942455f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

最新コメント コメントは励みになります

月別アーカイブ

カテゴリ

三条市の食堂・ラーメン (1)
過去記事 (1410)
オフ会日記 (7)
三条市の食堂 ラーメン (66)
カツ丼 (27)
THE BEATLES (4)
SWEETS PARADISE (3)
日本映画 (4)
パン (4)
新潟市のラーメン・食堂 (75)
日々雑感 (26)
新潟のレストラン (11)
旅行 (1)
飲食チェーン店 (14)
うどん (10)
読書 (2)
燕市の食堂・ラーメン (8)
長岡市のラーメン (17)
喫茶・カフェ (15)
デューク・エイセス (14)
おにぎり (1)
オーディオ (14)
見附市のラーメン・食堂 (6)
加茂市のラーメン・食堂 (3)
車 (1)
寿司 (6)
新潟のレストラン 飲食店 (144)
食性活通信 (1)
石川県のラーメン (33)
富山県のラーメン (25)
金沢市の飲食店 (24)
石川県の飲食店 (13)
富山県の飲食店 (17)
福井県の飲食店 (2)
大阪市の飲食店 (2)
新潟県妙高市のラーメン (3)
新潟県上越市のラーメン (12)
新潟県糸魚川市のラーメン (6)
福岡県のラーメン (1)
高速道路 SA (1)
音楽・レコード・CD (1)
チャーハン・焼飯 (8)
オムライス (0)
滋賀県のラーメン (2)
京都府のラーメン (2)
新潟県柏崎市のラーメン・食堂 (2)
神奈川県の飲食店 (0)
東京都のラーメン (2)
新潟県十日町市の飲食店 (6)
鰻・うなぎ (3)
新潟県阿賀野市のラーメン (1)
新潟県村上市のラーメン・食堂 (2)
新潟県小千谷のラーメン (1)
新潟人情食堂 (1)
新潟県胎内市の食堂・ラーメン (3)
新潟県五泉市の食堂・ラーメン (2)
そば・うどん (0)
コインスナック (1)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
グルメ
377位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
B級グルメ
63位
アクセスランキングを見る>>

お友達のリンクコーナー

アクセス状況 PCのみ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。