暮らしの食性活大辞典 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Hal David&Burt Bacharach

$月影の宵/IN THE EVENING BY THE MOONLIGHT



昨年の秋、作詞家の「ハル・デヴィッド」が91歳で亡くなッた時から
温めていた記事をやっと完成する事ができそうです。

ハル・デヴィッドの詩に、多くの素晴らしいメロディを付け
{本当はメロディーが先に出来ていたのだが}
世界中に無数のヒット曲を生みだし、日本の多くの作曲家にこれほど
影響力を与えた人は居ないと思われる作曲家「バート・バカラック」

「ルパン三世」のテーマ曲等でお馴染みの「大野雄二」さんは
ジャズ・ピアニストから作曲家に重点を置く様になった時
「もう私の中ではバカラックしか無かった。ロックもジャズも全てが
古い物にしか感じなかった」という彼からの影響が凄かった事を
語っています。鈴木邦彦 村井邦彦 いずみたく その当時の
日本の作曲家に与えた影響力も計り知れない物が有りました。








ハル・デヴィッド&バート・バカラックの名前を知らない人でも
この2曲を聴けば大概の方が「ああ この曲 知っている」と思うでしょ。

カーペンターズが歌ってヒットした「遥かなる影」は1970年
アメリカで4週連続1位を記録。
カーペンターズの出世作でもあります。

B.J.トーマスの「雨にぬれても」は映画「明日に向かって撃て」の
主題歌としても有名で、こちらも1970年に4週連続1位を記録し
「アカデミー主題歌賞」を受賞しています。


二人のヒット曲は無数にあり、クラミー賞等の受賞歴を列挙していたら
切りが無いほど、そこで二人の華々しい活動の黄金期とも言える
1960年代を中心に簡潔にまとめたいと思います。

本国のビーチ・ボーイズや英国のビートルズなどの歌って演奏して
曲も自分達で作ると言うオリジナルスタイルが確立され
その後、シンガーソングライター等が登場する以前の
音楽界は、歌手、プロデューサーが「音楽出版社」から
デモテープを貰い、気に入った曲を権利を買って
録音すると言うのが常識でした。

キャロル・キング&ジェリー・ゴフィンを筆頭に
ジェフ・バリー エリー・グリニッジ バリー・マン&シンシア・ワイル等
彼らは一つのビルの中に事務所を置いて活動し
そのビルは「ブリル・ビルディング」と称され、ヒット曲製造工場として
毎日多くの音楽関係者が出入りし、活気にあふれていました。

ハル・デヴィッド&バート・バカラックも既に多くのヒット曲を
世に送り出しており、ビートルズもデビューアルバムで
シュレルズの1962年のヒット曲「ベイビー・イッツ・ユー」をカバーしているほど
{この曲の作詞はマック・デイヴィッドでハル・デヴィッドではないが}
人気ソングライターチームとして、業界でも一目置かれていました。




彼らの1960年代中ごろの曲で最も好きなのが
イギリスの「ジャッキー・デ・シャノン」の歌った『世界は夜明けを待っている』
です。ジャッキーは即に「サーチャーズ」が歌ってヒットした『ウォーク・イン・ザ・
ルーム』や後にキム・カーンズがアレンジを変えて大ヒットさせた
『ベティ・ディヴィスの瞳」の作者として有名ですが
この曲はデヴィッド&バカラックの秘蔵子として後に紹介する
ディオンヌ・ワーウィックがレコーディングを拒否して
彼女が偶然に歌う事になり、全米でも7位を記録する
大ヒットなっています。因みに彼女は一時、ジミー・ペイジの恋人でもありました。





英国の女性シンガーで、残念ながら1999年、乳癌で59歳の若さで
亡くなった「ダスティ・スプリングフィールド」もデヴィッド&バカラックの
作品を歌い『I Just Don't Know What To Do With Myself』と
この『The Look Of Love』を歌い、共にヒットさせています。
深くコクのある歌唱 紛れもなく私が一番好きな英国の女性シンガーです。




$月影の宵/IN THE EVENING BY THE MOONLIGHT



デヴィッド&バカラックを語る上で欠かせない女性歌手が居ます。
「ディオンヌ・ワーウィック」
昨年惜しくも他界した歌姫「ホイットニー・ヒューストン」の従姉妹としても
有名です。
「黒いダイヤモンド」とも呼ばれ、多くのデヴィッド&バカラックを歌い
『サンホセへの道』ではグラミー賞を受賞しています。

元々ディオンヌはデヴィッド&バカラックの作った歌のデモ・テープの
歌手として、所謂裏方の仕事をしていました。
そこに、当時新興レコード会社として設立間もなかった
「セプター・レコード」の女性社長「フローレンス・グリーンバーグ」に
気に入られ、正式に本格的な歌手としてデビュー。
ディオンヌも毎日裏方の仕事ばかりに我慢が出来ず
二人に「ドント・メイク・ミー・オヴァー(こんなことで終わらせないで)」と
激怒してしまい、二人は同名の曲を作り、ディオンヌにプレゼントしています。
出すデヴィッド&バカラックの作品どれもが大ヒットを記録し
黄金のトリオとも言われました。





無数のヒット曲があるが、極めつけと言えるのが
『アルフィー』と『小さな願い』です。
英国の女性シンガー「シラ・ブラック」がバート・バカラックと
ビートルズのプロデューサー「ジョージ・マーティーン」と
3人でアルバムを作ったが、英国では本家ディオンヌより
シラのバージョンが常にヒットし、ディオンヌが激怒しているという
話しにジョージは常時、心中穏やかではなかったと自伝で述べています。


アメリカの音楽産業の黄金期を築いた二人でしたが、
70年代に入るとコンビを解消します。
先にバカラックのメロディーが出来ていて、そこにデヴィッドが
詩を付けると言う作業で多くのヒット曲を生み出した二人。
デヴッドは「曲というのは、3-4分で語られるちょっとした
映画のようでなければならない。
可能な限りシンプルに語る。それがもっとも難しいことなのだが」と語っています。

バカラックはその後、歌手としても来日し、日本武道館で
コンサートを行い、エルビス・コステロ等の新進ロック系シンガーと
共作を試みていますが、デヴッドと作りだした往年の輝きが
あまり感じられない様な作品が多く、やはりこの二人有っての
バカラックメロディーが有ったのだと痛感する事が多いのも事実です。



近年、バカラックメロディーで最も有名な曲がこれでしょう。
『That's What Friends Are For』邦題「愛のハーモニー」
バカラックが2番目の奥さんで作詞家の「キャロル・ベイヤー・セイガー」
{後に離婚}と共作した曲で、元々は「ロッド・スチュアート」の
82年の映画主題歌の中の一曲でしたが、85年にディオンヌ&フレンズとして
ディオンヌ・ワーウィック・エルトン・ジョン・グラディス・ナイト
そしてスティーヴィー・ワンダーの豪華すぎる共演で録音。
当時社会的に問題となり始めた(エイズ撲滅基金)の為の
チャリティーソングとして発売。4週連続1位を記録し
年間シングルチャートの1位の大ヒットとなりました。

他に「クリストファー・クロス」の歌ったこの曲も
バカラックの作品です。




$月影の宵/IN THE EVENING BY THE MOONLIGHT


日本では1990年代後半、「渋谷系」と呼ばれる若者のクラブ
ムーブメントの中で多くのミュージシャンがバカラックの
トリビュート・アルバムを発売したり貴重なアナログ盤をクラブで
DJがプレイしたりとバカラックの再評価が高まりました。

その中で、日本ではいち早くバカラック作品集をコーラスで発売したのが
デューク・エイセスです。
昭和48年発売のこのアルバム、谷リーダー曰く「企画が時代より
一歩先に行きすぎていあまり売れなかった」と仰っていましたが
未CDでして、オークションで出品されると、18000円近くの
高額価格で落札されるレア盤なんです。

アレンジをギタリストの故・横内章次さんが手がけ
コーラスアレンジを谷リーダーが受け持っています。

今回は「ネスカフェ・ゴールドブレンド」の♪ダバダァ♪でお馴染み
スキャットの女王としても有名な「伊集加代」さんを
迎えて全篇スキャットコーラスの『サウス・アメリカン・ゲッタウエイ』を
アップさせてもらいました。問題があった場合は削除させていただきます。
お早めにお聴きください。
オリジナルマスターから最新デジタルリマスター音源を使用しております。


この他にも莫大なヒット曲を二人は残しています。
バカラックは83歳。21世紀にも残るスタンダードを
もう一度作ってほしいと願いを込めて そしてデヴィッドの冥福を祈り・・・・

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2013/03/10(日) 10:46:37|
  2. 過去記事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<開運祈願と御祈祷 | ホーム | 新発田市 『麺作  赤シャモジ』>>

コメント

1. この曲だったのですね

出だしだけ聴いたことがあり、良い曲だけれど何もわからない謎の曲でした。
「サウス・アメリカン・ゲッタウェイ」という曲なのですね。
まささんのおかげで、謎の曲の正体判明です!
ありがとうございます。
デュークの皆様、良い声だなあああ。上手いなあああ!
昭和48年発売だそうですが、全く古さを感じさせません。
  1. URL |
  2. 2013/03/10(日) 18:40:28 |
  3. リアス #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

2. リアス様

>リアスさん
リアスさんに聴いて頂けて良かったです。
未だにCD化されていないのが不思議な位
オークションに出品されると
高額で取引されています。
渋谷系と言う若い人たちにも
人気があるようで、この盤をきっかけに
若い方にもデュークを認知してほしいと願います。
他の曲も全部素晴らしいです。
コーラスでバカラックカバー集を
作れるのもデュークのスタイリッシュな
ハーモニーが成せる技だと思います。
名盤です。
  1. URL |
  2. 2013/03/11(月) 08:50:27 |
  3. まさ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

3. 敬意を評します

貴方の記事おいて、このジャンルは 極端にコメントが少なくて、こちらのほうが とまどってしまいます。

確かに記載された中身は、初めて目にするシンガーやプロデューサーの名前でだったり、
身近なものではないのですけれど。
貼り付けられたいくつかの YouCubeを聴いてみました。
ダスティ・スプリングフィールドの歌声は 枯れていて とても いいですね。

いずれにしろ、この記事を書くため、多くの時間をさいていることが よくわかります。
誰にも 読んでもらえぬことも、知っているのに、そこまで没頭する姿勢に、
あらためて 敬意を評します
  1. URL |
  2. 2013/03/24(日) 20:17:29 |
  3. アヒル #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

4. アヒル様

>アヒルさん
ラーメンの記事は20分位で
書きあげられるのですが、この記事に関しては
かなり時間が掛かりました。

ダスティ・スプリングフィールドと言ったら
[この胸のときめきを」が有名ですね。
プレスリーも歌っていましたし
「ベイシティー・ローラーズ」の
♪二人だけのデート♪もダスティーの曲でした。

『誰にも 読んでもらえぬことも、知っているのに』・・・・・・・
以前掲示板に同じような事が書きこまれていましたが、私のポリシーですから。
アヒルさんのそのお言葉で救われました。
2件目のコメント ありがとうございました。
  1. URL |
  2. 2013/03/25(月) 08:58:49 |
  3. まさ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

5. お初です。

こんにちわ。初めてコメントさせていただきます。

実は 私は2010年からバカラックさんに関してのブログを書いております、まったりと申します。

バカラックさんに関しては YouTubeの中を徘徊しまくり 関わりのあるものを見つけ出し、それを記事にすると言うブログなのです。

ブログを始めようと思ったきっかけは それまでのバカラックさん関連のブログは 有名な曲の紹介だけで 例えば 「明日に向って撃て!!」のサントラ盤の中には 「太陽をつかもう」とか「オールド・ファン・シティ」だとかも すっごく良い曲なのに「雨にぬれても」で終わってしまっていることが残念でありました。

そして、御記事の中でご紹介されている「サウスアメリカン・ゲットアウェイ」も大変大変好きな曲でして こういう目立ってはいないけれど 素敵な曲をご紹介していけたらと思ったのがきっかけでありました。

デュークエイセスさんのは 全く存じませんでした。初聴で感激感動しております。
思わずお礼を申し上げたく コメントさせていただいた次第です。

一度お暇なときにでも拙ブログにもお越しくださいませ。

バカラックさんの1952年の曲を メル・トーメさんが演奏なさっている曲から 最新(?)作であろうと思われる2013年3月の曲まで 網羅しています。

今後ともよろしくお願いいたします。末筆ではございますが ますますの貴ブログのご発展をお祈りしております。
  1. URL |
  2. 2013/08/29(木) 17:46:25 |
  3. まったり #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://beatpop68.blog.fc2.com/tb.php/1694-5d5822ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

最新コメント コメントは励みになります

月別アーカイブ

カテゴリ

三条市の食堂・ラーメン (1)
過去記事 (1410)
オフ会日記 (7)
三条市の食堂 ラーメン (66)
カツ丼 (27)
THE BEATLES (4)
SWEETS PARADISE (3)
日本映画 (4)
パン (4)
新潟市のラーメン・食堂 (75)
日々雑感 (26)
新潟のレストラン (11)
旅行 (1)
飲食チェーン店 (14)
うどん (10)
読書 (2)
燕市の食堂・ラーメン (8)
長岡市のラーメン (17)
喫茶・カフェ (15)
デューク・エイセス (14)
おにぎり (1)
オーディオ (14)
見附市のラーメン・食堂 (6)
加茂市のラーメン・食堂 (3)
車 (1)
寿司 (6)
新潟のレストラン 飲食店 (144)
食性活通信 (1)
石川県のラーメン (33)
富山県のラーメン (25)
金沢市の飲食店 (24)
石川県の飲食店 (13)
富山県の飲食店 (17)
福井県の飲食店 (2)
大阪市の飲食店 (2)
新潟県妙高市のラーメン (3)
新潟県上越市のラーメン (12)
新潟県糸魚川市のラーメン (6)
福岡県のラーメン (1)
高速道路 SA (1)
音楽・レコード・CD (1)
チャーハン・焼飯 (8)
オムライス (0)
滋賀県のラーメン (2)
京都府のラーメン (2)
新潟県柏崎市のラーメン・食堂 (2)
神奈川県の飲食店 (0)
東京都のラーメン (2)
新潟県十日町市の飲食店 (6)
鰻・うなぎ (3)
新潟県阿賀野市のラーメン (1)
新潟県村上市のラーメン・食堂 (2)
新潟県小千谷のラーメン (1)
新潟人情食堂 (1)
新潟県胎内市の食堂・ラーメン (3)
新潟県五泉市の食堂・ラーメン (2)
そば・うどん (0)
コインスナック (1)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
グルメ
273位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
B級グルメ
49位
アクセスランキングを見る>>

お友達のリンクコーナー

アクセス状況 PCのみ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。