暮らしの食性活大辞典 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

感謝還暦 デューク・エイセス結成60周年記念アルバム

CIMG4666.jpg

 
ユニバーサル ミュージック

2014年10月22日発売
UPCH20460
定価3,240円(税込)

1. 友よさらば
2. 恋人よ われに帰れ
3. A列車で行こう
4. スターダスト
5. ブロードウェイの子守歌
6. ドライ・ボーンズ
7. ゴー・ダウン、モーゼス
8. ホエン・ワズ・ジーザス・ボーン
9. イン・ジ・イヴニング・バイ・ザ・ムーンライト
10. 誰も知らない私の悩み
11. 愛しのアイーダ
12. ペーパー・ドール
13. キャラバン
14. スウィング・ダウン・シャリオット
15. ジェリコの斗い
16. サイド・バイ・サイド
17. シュブーン
18. ユー、ユー、ユー
19. 時には母のない子のように
20. 生きるものの歌

来年結成60周年を迎えるデューク・エイセスの60周年記念盤
「感謝還暦」が発売になりました。

ジャケットイラストは和田誠氏です。
大須賀さん以外の3人は谷口さん時代から変わらぬお姿です。

今回は1枚のCDに20曲入り。
その中で新曲が2曲収録されています。

EXILEのプロデューサーの松尾潔氏書下ろし新曲「友よさらば」と
永六輔 中村八大の「生きるものの歌」の2曲。

この新曲2曲は松尾潔氏のプロデュースで、「生きるものの歌」では
冒頭、永六輔のナレーションが入ります。

永さん 実際スタジオに出向いてこの2曲の収録に立ち会っています。
永さんとデュークの長年の深い絆 友情を感じます。

松尾氏の起用は、私が想像する所、黒人音楽に造詣の深い松尾さんが
永年のデュークの功績に敬意を示す形で参加されたものと想像しています。
松尾氏がデュークとの録音を語るラジオ番組の音声がありましたので
こちらに掲載させていただきます。納得の発言です。



「友よさらば」の歌詞の内容 記念アルバムの冒頭を飾るにはやや
拒否反応を示すような内容の歌詞ですが、「音楽生前葬」と称し
これは今年亡くなった和田初代リーダーに対するデュークの気持ちして
私は捉えています。そう考えると納得です。

「生きるものの歌」これはデュークは以前からコンサートでのレパートリーとして
歌っていた曲で、第一家電の非売品レコード「心のうたリサイタル」の中でも
披露していましたが、スタジオ録音は初めてのようです。
故・中村八大のご長男、中村力丸氏 そうです「こんにちは赤ちゃん」のモデルさんが
スーパーバイザーとして参加されています。

もう御年80歳近い方が3人も居るグループです。
40数年前の全盛期と同じ声量を求めることは酷な事ですから
今こうしてリアルタイムに録音してCDとして聴けることを素直に喜びたいです。
私のデュークへのスタンスはそうなんです。


さて、残り18曲はデューク黄金時代を支え築いた故・谷口安正さんが
トップテナーの時代の物です。
デュークの原点で多くの人がデュークと言ったらイメージする
ジャズや黒人霊歌の珠玉の名録音・名ハーモニーが収録されています。

②「恋人よ我にわれに帰れ」はNHKホールで行われた「25周年リサイタル」より。
これは以前、後援会制作のCDに収録済。

③「A列車で行こう」はCDアルバム「WONDERFUL TIME OLD AMERICAN FAVORITE SONGS」

④「スターダスト」は焼跡のジャズ vol.1

⑤「ブロードウェイの子守歌」は焼跡のジャズ vol.2 

⑥~⑧は昭和53年に「第一家電」がカートリッジを買った人に贈呈していた
オーディオ・チェック向けの45回転高音質レコード「76/45」より。
この3曲は初CD化となります。

⑨~⑱は昭和55年 日本レコード大賞最優秀企画賞を受賞した
3枚組LP「コーラスの仲間たち」より。

個人的にこちら単体でCDになっていますし、区切りの年に出る記念盤の
CDには御決まりのように重複収録されているので
別音源から収録してほしかったです。ここは大いに不満です。

そして⑲ この一曲だけでも価値があるともいえる、
和田誠さんが永さんに代わって初めてステージの構成・演出を手掛けた
「16周年記念 秋場所」昭和46年11月1日と2日の両日行われた
大阪サンケイホールにて収録実況録音盤より初のCD音源となります。
谷口さん~吉田さん~谷さんのソロが堪能できる素晴らしい音源。

事務所にはこの両日のマザーテープが保管されているとの事で
その中から当時レコードにも収録されなかった音源を、⑨~⑱の音源と
差し替えたりして頂ければ多くのファンが歓喜したと思います。
何れ実況録音盤のCD化の際にはボーナストラックとしてよろしくお願いいたします。

日本のレコード会社特有の詳しいデータ等の記載は一切ありません。
歴代メンバーの遍歴も「55周年記念盤」の使い回し。
そういう所は手抜き感を拭えません。
アメリカ・イギリスで発売されるこの手のアンソロジーは
録音年月日 スタジオ名 エンジニアから演奏者の個別データ。
どのテイクが使われた、レコード番号とヒットチャートデータの記載が
当たり前です。





さて、音質ですが悲しいかな 現在の私の鑑賞環境はノートPCにヘッドホンです。
嫁に「とうとう そんなもので我慢できるようになったの?」と驚かれましたが
仕方がありません。

全体的にコンプレッサーで音圧が上げられ、派手で煌びやかな音質。
なんだかどの録音もつい最近録音されたかのような音で
明らかな意図的なマスタリングで、聴きなれたアナログや
従来盤のCDとは違う響きで、ここで敢て古いモノラルの小保方さんの
音源を入れずに全体的に高音質で統一感をもって音を構築していて
中々これは面白い試みとして私は大いに評価します。

さてこのCD 手元に届いてから一週間聴けませんでした。
聴く気がしなくなったと言うのが正直な気持ち。

トップテナーの吉田一彦さんが体調不良で休業され
代わりに大須賀さんと同じミュージカル俳優の「岩田元」さんが
急遽ピンチヒッターとして代役を務められるという事を知りました。

しかし吉田さんの娘さんによるとご本人もご家族にも一切連絡なしに
本人の知らないところでそう決まったていたようです。

私はデュークの熱烈なファンですが、吉田さんの娘さんとも交流があるので
心情的に「60年近く一緒に歌って苦楽を共にして それはあんまりだ」と
思いました。

過去に色んなお話をお聴きしたことが有るので推測して納得できることも
ありますが、納得できない部分も大いにあります。
そしてそれは5年前の飯野さんの休業から大須賀さんが代役として
起用された際、今回と同じようにデュークのHPから一切告知が無く
飯野さんのファンを心情的に悲しませた事を思い出しました。
そして今になり、あの時の飯野さんのファンの方たちの気持ちが痛いほど解ります。

一般社会と芸能界では住むところが違うと言われればそれまでですが
この辺りの経緯はHPでしっかり全国のファンに知らせて欲しかったと思います。
そして今回の一件でデュークと吉田さんの間にしこりが残らない事を祈ります。

吉田さんは既に65年を考えているとの事で
その思いこそが吉田さんを早くステージに、デューク・エイセスのセカンドテナーに
戻らせる原動力だと私は思います。

「感謝還暦」デュークが最もエネルギッシュに活動し、円熟味を増して
音楽的にも完成されていたあの時代のデュークに触れられる
素晴らしい内容となっています。
重複音源も聴けばやはり「いいわ」と納得している自分が居ました。

「そこに貴方がいて ここに僕が居て そこにお客様 ここにデューク・エイセス」
デューク・エイセスは永遠に不滅です。

吉田さん 一日も早く復帰される事 全国のファンと一緒祈っています!!!



関連記事
スポンサーサイト
  1. 2014/11/03(月) 17:00:00|
  2. デューク・エイセス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12
<<新潟県長岡市 『栄華楼』 | ホーム | 新潟県妙高市 『たけうち食堂』>>

コメント

はじめまして

はじめまして。初めてコメントを書きます。みぃと申します。
私もデュークエイセスが好きで、コンサート等に足を運んだりします。私もアルバムを「感謝還暦」を買いました。どの曲も素敵なものばかりです。
今回の吉田さんのこと、私は大変ショックを受けました。本人の知らないところ、ましては正式な発表ではないのですから。吉田さんにはこれからに向けて、ゆっくり静養して欲しいし、無理をなさらないでほしいです。
私にとって吉田さんは「色男」です。あの惹きつける容姿、歌声が素敵なので。

あ、私は谷さんが一番好きです。

  1. URL |
  2. 2014/11/03(月) 20:28:20 |
  3. みぃ #-
  4. [ 編集 ]

みぃ様

みぃ様 こんばんは。そして初めまして。
NONさんのブログでお名前は存じております。
お若い女性でデュークのファンとは、メンバーもそうですが
同じファンとして嬉しく思います。
同世代の音楽では無くデュークに惹かれる理由はどういったところに
あるのかお聞きしたいです。

吉田さん 人一倍律儀な方なので今回の件は
ショックだったと思いますが、我々の理解できない世界での
大人の事情も確かにあるのだと思います。
今は早く回復されることを祈るだけですね。

谷リーダー 80歳近いとは思えないですね。
若さの秘訣はやはり歌への情熱なんでしょうね。

ありがとうございます。
  1. URL |
  2. 2014/11/03(月) 20:50:56 |
  3. まさ #-
  4. [ 編集 ]

生きるものの歌

聞き覚えのあるタイトルだと思ったらNHKテレビの音楽バラエティ番組「世界史漫遊」(1975)のテーマ曲ですね。
歴史上の偉人を歌を交えて描くコメディ・タッチの番組で、よく見ていました。

デュークのレパートリーにもなっていたんですね。

八六コンビの名曲のひとつだと思います。
  1. URL |
  2. 2014/11/03(月) 21:42:11 |
  3. Mustang #-
  4. [ 編集 ]

Mustang様

流石にお詳しいですね。びっくりいたしました。
仰る通り「世界史漫遊」のテーマ曲だったとの事です。

永さんと八大さんのコンビの作品は過去にレコーディングされないまま
残されている曲がまだあるようです。
以前「中村八大作品集」という4枚組のCDが発売された際
「どこかで」という曲が息子さんの力丸さんからの要望で
録音された経緯がありました。
こちらもとても瑞々しい「良い曲です」

  1. URL |
  2. 2014/11/03(月) 22:07:57 |
  3. まさ #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは
「友よさらば」は聴いていると切なくなります。
歌詞が和田初代リーダー、谷口さん、飯野さんに語りかけているように私には思えます。
「音楽生前葬」…ううむ、そうなのですか。
♪俺もそこへ行く♪と歌われると、まだダメー!と言いたくなってしまいます。
「生きるものの歌」は♪その時~♪のハーモニーが胸をうつのです。

まささんのスタンス、強く強く共感します。
以前、まささんが書いていらっしゃった「いつの時代のデュークも大好きです」という言葉が印象に残っています。
胸にぐっとくる言葉でした。私もそうなのです。

収録曲のデータについて、アメリカとイギリスの方がしっかりと記載しているということは意外でした。羨ましい!
アメリカのレコード(CDかもしれません)には歌詞が掲載されていない、ということを以前何かで読んだ記憶があるので、データ掲載も無いのかと思っていたのです。

吉田さんの休演について、ジョギングコンサートでの発表は驚いたのですが
私は単純でぼんやりだから、今回(10月21日)のみの休演・代役と思っていたのです。単純な私の思い込みです。
コンサートを聴きながら、吉田さんの体調と心境を思い、代役の岩田さんのプレッシャーは如何なるものだろうかと考えていました。

10月27日に知った活動休止発表には本当に驚いてしまったのですね。
コンサートは長丁場だから、移動も多いのだから、無理を重ねて大事になっては…と無理矢理自分を納得させたのです。

しかし、活動休止発表についてさらに知り、戸惑いと悲しさで一杯になってしまいました。
何でこうなってしまったのか、吉田さんの復帰はどうなるのか、考えてどうなることでは無く、今でも気持ちは晴れません。

ただただ、吉田さんの快復と復帰を祈るばかりです。

長くなり本当にごめんなさい(いつも書いていますね)
まささんに今の気持ちを書いたので、聴けなくなっていたCD「感謝還暦」をまた聴けそうです。
  1. URL |
  2. 2014/11/03(月) 23:16:56 |
  3. リアス #-
  4. [ 編集 ]

お久しぶりに

コメントします。
お元気ですか?

私は、元気です。
職場が、変わったりと、今年一年、様変わりしました。失業者の経験もしました。
年女なのに、今回は、悪いです。

私も、アルバムとシングル買いましたよ。
まささんの心情わかります。
吉田さんの件は、失意ですが、何故か、前向きに捉えてる自分もいます。

メンバーや、事務所の方々の、無理をさせたくないための、暗黙の、『いまは、体を休ませる時期だよ』って、感じも含まれるんじゃないかと。

私も、吉田さん、待ってます。

みぃさんの『一番好きなのは、谷さんです』のコメント、私も、谷さんが、好きなので、めちゃ、嬉しく、心が、温まりました。
まだ、霧がかかる心ですが、デュークファンであるならば、いつの時代も、応援しますよ。
  1. URL |
  2. 2014/11/04(火) 09:16:57 |
  3. ちばこ #-
  4. [ 編集 ]

デュークの新CD。

こんにちは。
このCDについて、まささんがブログにどう書かれるのかと思っていました。

私もNHKの番組「世界史漫遊」が好きでした(たぶん全部見た)ので、発売を心待ちにしていました。「生きるものの歌」ほか新録の曲、最高です。

そのほかの曲も、デュークらしさを表に出すという意味で、よい選曲と思います。既発売音源をお持ちの方々にはやや物足りないかもしれませんね。

さて、10月21日のコンサートで、吉田さんの休演、代演に岩田さん、これにはほんとうに驚きました。私も、この日だけの代演と思っていました。
吉田さんのお早いご回復を祈ります。65周年にはぜひ!

それから、デュークの今のサイン色紙には、岩田さんのサインがあるのでしょうか。
5年前の2009年6月ごろ、大須賀さんが加入された初期のコンサートでいただいた色紙には、大須賀さんではなく飯野さんのサインがありました。
  1. URL |
  2. 2014/11/04(火) 13:16:39 |
  3. 24653 #UigHb3N.
  4. [ 編集 ]

リアス様

こんばんは。

60周年記念盤の冒頭が「友の死」の歌で縁起でもないと思いましたが
そうですね、デューク60年の歴史で現役のトップテナーが2人
急死されましたたから「レクイエム」と捉えられますね。

ジョギングコンサート どうでしたか?
代役の岩田さんの事は詳しくわからないのですが
やはりある程度4人でリハーサルはされたと思いますから
吉田さんに何も説明なくそのような事柄が進んでいたのなら
吉田さんは本当にショックだったと思います。

NONさんの「せめて一言」そこに尽きると思います。
何も説明が無く代役という事は事実上戦力外通告
だからNONさんが「父をなんとかステージに復帰させてあげたい」そう願うのは
当然だと思います。

リアスさん 一緒に吉田さんが無地復帰されることを祈りましょう。
吉田さんの居ないデューク60年は考えられません。

ありがとうございました。
またいつでもコメントください。
  1. URL |
  2. 2014/11/05(水) 21:49:51 |
  3. まさ #-
  4. [ 編集 ]

ちばこ様

お久しぶりです。
新しい職場は慣れましたか?
私は金沢で単身赴任で奮闘しています。

残念ながら今回の吉田さんの件は事実上の「戦力外通告」で
説明も無く解雇と同じだと同じだと思います。
病気でしばらく休業して、復帰して会社に行ったら
自分のテーブルに他の人が座っていた それと同じです。

ですからNONさんが一番心配されている「病気を克服したら
今まで通りデュークのメンバーとして迎えてくれるのか?」
その保証が無いのでNONさんは大変心配されているわけです。
今の吉田さんにテーブルに座られる保証が無いのです。

デューク側としたら契約した50回のステージの任務遂行をしなければ
なりません。音楽ビジネス、谷口さんが亡くなった時「3人ならお断り」
代役さんの事も理解できます。ただ【一言欲しかった】
それに尽きます。

今NONさんは凄く苦しまれています。
ですので私たちはそっと NONさんのお気持ちを察して
NONさんの気持ちに寄り添うようなコメントを入れる心配りが
必要だと思います。

  1. URL |
  2. 2014/11/05(水) 22:05:35 |
  3. まさ #-
  4. [ 編集 ]

24653様

「世界史漫遊」 きっと見ていたかもしれません。
「600 こちら情報部」なら見ていました。

選曲は「コーラスの仲間たち」からの重複が毎度の事ですが
多いのでもっと古い音源をお願いしたいのですが
音が均一に整理され、なかなか新鮮な音でとても
良い仕上がりのマスタリングです。

私やNONさんのブログにコメントを入れてくださった
「みぃ」さんのブログを拝見すると、即に「ジョギングコンサート」の
CD購入者にプレゼントするサインは即に岩田さんになっています。
これは「事実上メンバーチェンジ」を意味をしていると思います。

なにで吉田さん NONさんの悔しい気持ち 私は痛いほど
解ります。24653にも解って頂けると思います。
実際はかなり深刻な問題だと思います。
しかし本当に残念ですね。
  1. URL |
  2. 2014/11/05(水) 22:13:07 |
  3. まさ #-
  4. [ 編集 ]

まささんへ

12月に入り寒さが厳しくなってきました。
まささん、お元気にしてらっしゃいますでしょうか?

私は、もう心が・・・
折れました。

何もできない自分が悔しいです。
芸能界で生き残る事の難しさ・厳しさを知り
空しさだけが残る最後になりそうです。

今まで応援して下さり心から感謝します!
本当の意味で父を理解して下さっていたのは、
まささんだと思います。有難うございました。
  1. URL |
  2. 2014/12/05(金) 08:48:56 |
  3. NON #-
  4. [ 編集 ]

NON様

こんばんは。

NONさん 「今まで」って寂しいです 悲しいです。
「これからも」ではないのですか?

私 その一言でいろんな最悪の状況を考えてしまいました。
お父様 デュークへの復帰は絶望的になったのでしょうか?

勝手な推測で申し訳ありませんが NONさん この一年
本当にお辛い毎日でしたね。
私の心が折れた時 NONさんはいつも親身になって
私を励ましてくれましたね。本当に感謝しています。
それなのに 今はNONさんの辛いお気持ちに
寄り添う事も出来ず申し訳ありません。

今の私の想いをメールにしたため送信させていただきました。
私はずっとずっと 吉田ファミリーのファンです。
「これからも」ずっと ずっとです。
  1. URL |
  2. 2014/12/05(金) 21:28:57 |
  3. まさ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://beatpop68.blog.fc2.com/tb.php/1975-a347fba1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

最新コメント コメントは励みになります

月別アーカイブ

カテゴリ

三条市の食堂・ラーメン (1)
過去記事 (1410)
オフ会日記 (7)
三条市の食堂 ラーメン (66)
カツ丼 (27)
THE BEATLES (4)
SWEETS PARADISE (3)
日本映画 (4)
パン (4)
新潟市のラーメン・食堂 (75)
日々雑感 (26)
新潟のレストラン (11)
旅行 (1)
飲食チェーン店 (14)
うどん (10)
読書 (2)
燕市の食堂・ラーメン (8)
長岡市のラーメン (17)
喫茶・カフェ (15)
デューク・エイセス (14)
おにぎり (1)
オーディオ (14)
見附市のラーメン・食堂 (6)
加茂市のラーメン・食堂 (3)
車 (1)
寿司 (6)
新潟のレストラン 飲食店 (144)
食性活通信 (1)
石川県のラーメン (33)
富山県のラーメン (25)
金沢市の飲食店 (24)
石川県の飲食店 (13)
富山県の飲食店 (17)
福井県の飲食店 (2)
大阪市の飲食店 (2)
新潟県妙高市のラーメン (3)
新潟県上越市のラーメン (12)
新潟県糸魚川市のラーメン (6)
福岡県のラーメン (1)
高速道路 SA (1)
音楽・レコード・CD (1)
チャーハン・焼飯 (8)
オムライス (0)
滋賀県のラーメン (2)
京都府のラーメン (2)
新潟県柏崎市のラーメン・食堂 (2)
神奈川県の飲食店 (0)
東京都のラーメン (2)
新潟県十日町市の飲食店 (6)
鰻・うなぎ (3)
新潟県阿賀野市のラーメン (1)
新潟県村上市のラーメン・食堂 (2)
新潟県小千谷のラーメン (1)
新潟人情食堂 (1)
新潟県胎内市の食堂・ラーメン (3)
新潟県五泉市の食堂・ラーメン (2)
そば・うどん (0)
コインスナック (1)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
グルメ
279位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
B級グルメ
45位
アクセスランキングを見る>>

お友達のリンクコーナー

アクセス状況 PCのみ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。